RPGライクな新たなテーマ勇者は君だ!?『グランド・クリエイターズ』収録

本日判明した『グランド・クリエイターズ』に新規収録されるカード達、テーマ名はなんと呼べば良いのか分からないのも珍しい例ですねぇ。

モチーフは王道RPGライクになっており、勇者と仲間・装備品と少年心をくすぐる物になっています。

スポンサーリンク

勇者がトークンなのはプレイヤーが勇者?主人公が我を持たない投影感

《アラメシアの儀》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分は特殊召喚されたモンスター以外のフィールドのモンスターの効果を発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合に発動できる。
自分フィールドに「勇者トークン」(天使族・地・星4・攻/守2000)1体を特殊召喚する。
自分フィールドに「運命の旅路」が存在しない場合、さらにデッキから「運命の旅路」1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンに表側表示で置く事ができる。

ウルトラレアに設定されている通常魔法で「勇者トークン」を生成できる現時点で唯一のカード。

勇者トークンも自分フィールドに1枚しか存在できない模様です、勇者=主人公は1人とトップダウンデザインが効いていますね。

勇者は天使族レベル4で各種装備カードを付け、仲間との連携によって強くなっていくシステムです。

《アラメシアの儀》は勇者作成のみならず《運命の旅路》をデッキから置く事も可能となっており、初動で握りたいカードになっていますね。

《運命の旅路》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスター1体を手札に加え、その後手札を1枚選んで墓地へ送る。
(2):モンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード1枚を選び、手札に加えるか、自分フィールドの「勇者トークン」1体に装備する。
(3):1ターンに1度だけ、装備カードを装備している自分のモンスターは戦闘では破壊されない。

「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターサーチ、「トークン名」ってテキストはお初かも?

現時点でサーチできるのは《遺跡の魔鉱戦士》《流離のグリフォンライダー》の2枚となっています。

モンスターの召喚・特殊召喚に反応して「勇者トークン」関連の装備魔法をサーチするか勇者に装備させる事ができます、サーチしたモンスターを召喚して即座に装備して戦力を整える事もできますね。

また1ターンに1度装備しているモンスターが戦闘破壊耐性を得る事ができます。

《遺跡の魔鉱戦士》

効果モンスター
星4/炎属性/戦士族/攻2300/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在しない場合、このカードは攻撃できない。
(3):「勇者トークン」のトークン名が記された自分のモンスターが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動できる。
デッキから「勇者トークン」のトークン名が記された罠カード1枚を選んで自分の魔法&罠ゾーンにセットする。

戦士!勇者トークンが居れば特殊召喚できる緩い展開条件をもっており打点も下級で2300とかなり高い水準をほこっておりますが勇者が居ないと攻撃不可能となっています。

勇者トークン関連モンスターが戦闘を行うとバトルフェイズ終了時に勇者トークン関連罠をデッキからセットする事ができます。

対応する罠は蘇生の《リザレクション・ブレス》と除去の《サンダー・ディスチャージ》

《流離のグリフォンライダー》

効果モンスター
星7/風属性/鳥獣族/攻2000/守2800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに、モンスターが存在しない場合、または「勇者トークン」が存在する場合、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに「勇者トークン」が存在し、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
このカードを持ち主のデッキに戻し、その発動を無効にし破壊する。

風属性・鳥獣族と流行りに乗っているグリフォンライダー。

自分フィールドにモンスターが居ないか勇者トークンが存在する場合にお互いのメインフェイズに特殊召喚できる融通のきく展開手段を持つカード。

特筆すべきは勇者トークン存在時の(2)の効果、自身をデッキに戻しての万能カウンターとなっています、モンスター効果なのでスペルスピード上カウンター罠は非対応ですが発動無効なのでダメステでも止める事ができます。

《光の聖剣ダンネル》

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):「光の聖剣ダンネル」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):装備モンスターの攻撃力は、自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500アップする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

自分フィールドに1枚しか存在できない装備カード、基本このテーマの装備品は自分フィールドに1枚しか存在できないようですね、パンプアップ量は仲間モンスターの数に応じて変化。

墓地へ送られると勇者トークンに装備させる事ができます、シンプルながらお世話になりそうな予感。

《星空蝶(スターリット・パピヨン)》

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(3)の効果1ターンに1度しか使用できない。
(1):「星空蝶」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、自分フィールドの「勇者トークン」のトークン名が記されたモンスターの種類×500ダウンする。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

こちらは聖剣とは逆にデバフ、ダウン量も聖剣と同じくパーティメンバーを参照。

こちらも墓地へ送られると勇者トークンに装備させる効果。

《騎竜ドラコバック》

装備魔法
自分フィールドのモンスターにのみ装備可能。
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):「騎竜ドラコバック」は自分フィールドに1枚しか表側表示で存在できない。
(2):このカードが効果モンスター以外のモンスターに装備されている場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(3):このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの「勇者トークン」1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターにこのカードを装備する。

効果モンスター以外、現状だと勇者トークンに装備されているとバウンス効果、こちらも墓地から勇者トークンに装備可能。

《暗黒神殿ザララーム》

フィールド魔法
(1):自分フィールドに「光の聖剣ダンネル」を装備したモンスターが存在する限り、相手はバトルフェイズに効果を発動できない。
(2):1ターンに1度、自分の「勇者トークン」が戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(3):このカードが(2)の効果を発動したターンの自分メインフェイズに1度、発動できる。
自分のデッキ・墓地から「暗黒神殿ザララーム」以外の「勇者トークン」のトークン名が記されたフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。

ラスボス居そうなフィールド魔法、聖剣ダンネルを装備した者が居れば相手のバトルフェイズ効果を封じる事ができます。

更に勇者トークンが相手モンスターを戦闘破壊すると相手モンスターの攻撃力分バーンを飛ばす事ができます、この効果を発動したターンのメインフェイズにデッキ・墓地から勇者トークン関連のフィールド魔法を手札に加える事ができます。

《迷い花の森》

フィールド魔法
(1):「星空蝶」を装備した自分のモンスターは相手が発動した効果を受けない。
(2):1ターンに1度、自分の「勇者トークン」が戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
(3):このカードが(2)の効果を発動したターンの自分メインフェイズに1度、発動できる。
自分のデッキ・墓地から「迷い花の森」以外の「勇者トークン」のトークン名が記されたフィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。

こちらは《星空蝶》装備モンスターを参照してそのモンスターは相手の発動した効果を受けない耐性を付与します、モンスターは耐性を得ますが《星空蝶》には耐性が無い点には注意したいですね。

勇者が戦闘破壊すると1ドロー《暗黒神殿ザララーム》と同じくこの効果発動後のメインフェイズに勇者トークン関連のフィールド魔法をサーチ・サルベージできます。

《サンダー・ディスチャージ》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合、「勇者トークン」のトークン名が記された装備カードを装備した自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。
その後、自分の手札・墓地から「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード1枚を選んで自分フィールドの装備可能なモンスター1体に装備できる。

呪文や特技的なカードは罠カードに自分フィールドの勇者トークンと勇者関連装備カードを装備したモンスターを参照して攻撃力を下回る相手モンスターを全て破壊し手札・墓地から装備魔法を付ける事ができます。

「聖剣」「星空蝶」共に打点変動が大きいので中々の範囲が望めそうですね。

《リザレクション・ブレス》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドに「勇者トークン」が存在する場合に発動できる。
自分の手札・墓地からモンスターを2体まで選んで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
その後、自分の手札・墓地から「勇者トークン」のトークン名が記された装備魔法カード1枚を選んで自分フィールドの装備可能なモンスター1体に装備できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは、フィールドから離れた場合に除外される。

勇者トークンが存在すると発動でき、手札墓地からモンスターを2体特殊召喚、テーマ指定などが無いので面白い事に活用できそうですねぇ、このカードで特殊召喚したモンスターはフィールドから離れると除外される点には注意。しかし色々できそうだなぁ。

その後に《サンダー・ディスチャージ》と同じく装備が可能。

スポンサーリンク

裏ボスはあのゴブリンキッズ

判明時にTwitterでネタにされまくった裏ボス(?)とも言えるのが《トークンコレクター》勇者を薙ぎ倒していきます(震え)

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    超自然警戒区域はこのデッキと相性はよさそうだけど控えてるのが相剣メタでサイド使用率上がってるトークンコレクターとか……

    • ドラゴン隊長 より:

      メタカードが丁度流行りだしてますからねぇ、超自然警戒区域は面白そうですね。