「デスフェニ」での素材モンスター「ディナイアルガイ」と「ディアボリックガイ」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

遊戯王OCGを席巻した「デストロイフェニックスガイ」出張セット。規制により《フュージョン・デステニー》が禁止となった後、《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》が禁止となり代わりに《フュージョン・デステニー》が制限復帰しました。

融合素材として出張していた「ディバインガイ」「ダッシュガイ」も全盛期は2枚揃えるだけで3000円くらいになるほど高騰しました。

その素材の過去の安価軸・現在では展開に寄せた融合素材で展開力は「ディバイン・ダッシュ」を上回ります。

スポンサーリンク

「ディナイアルガイ」と「ディアボリックガイ」次の展開を強くする方針

安価型の素材とオススメなのは《D-HERO ディナイアルガイ》と《D-HERO ディアボリックガイ》の2種、効果の都合上ディアボリックガイは2枚積みとなります。

効果モンスター
星3/闇属性/戦士族/攻1100/守 600
このカード名の、(1)の効果は1ターンに1度しか使用できず。
(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「D-HERO」モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):自分のフィールド・墓地に「D-HERO ディナイアルガイ」以外の「D-HERO」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。

効果モンスター
星6/闇属性/戦士族/攻 800/守 800
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「D-HERO ディアボリックガイ」1体を特殊召喚する。

リクルートと自己蘇生とどちらも展開能力を持っています。《フュージョン・デステニー》発動後は闇属性HERO縛りが発生するのでそのターンにこれらを特殊召喚自体はできます。

その後に展開するHEROも闇縛りなので【HERO】デッキでもしっかり展開を考えておかないといけません。

それぞれが「D-HERO」なので展開後も「D-HERO」にすると考えるのが楽、リンクならば《X・HERO クロスガイ》融合なら「ディストピアガイ」などでしょうか。

また展開力を活かすならば《D-HERO Bloo-D》の特殊召喚を狙うのも面白いです。

現在では【HERO】特権なので狙う機会は少ないですが、ターンを回して召喚縛りをなくして汎用を狙うのもアリですね。

「ディナイアルガイ」の効果によって除外されている「ディアボリックガイ」をデッキトップへ戻しておき、リクルートした「ディボリックガイ」をリンク2などの素材にして墓地へ送り込めば再リクルートも可能となり、最大でリンク3までの素材を担う事ができます。

リンク4の《アクセスコード・トーカー》などへ繋ぐ大きな助けとなってくれるのでこの展開力は「ディバインガイ」セットには無い強みとなっております。

また「ディボリックガイ」を1枚採用にして効果を使わず手札に素引きしていると相手に思わせさせる事も、これは枠がどうしても空けれない場合に採用すると面白そうですねぇ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

安価かつこちらでしかない強みもあって決して下位互換では無いのが良いポイントですね。「ディバインガイ」が足らないor高すぎるって方は是非。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント