深淵のデュエリスト編・残り決闘者はブルー・メイデンの【マリンセス】新規発表

『デュエリストパック 深淵のデュエリスト編』に収録される残っていた3人目の決闘者は「ブルー・メイデン」と発表されました、彼女が駆る【マリンセス】の新規カード達も判明しました。

【マリンセス】は予想する方も多かったので的中したといった感じですね。

スポンサーリンク

新たなリンク4・待望の魔法・罠無効

リンク・効果モンスター
リンク4/水属性/サイバース族/攻2300
水属性モンスター2体以上
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがEXモンスターゾーンに存在する限り、相手は他のモンスターを攻撃できない。
(2):自分フィールドの水属性モンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(3):相手ターンに、魔法・罠カードの効果がフィールドで発動した時に発動できる。
このカードに装備された自分の「マリンセス」モンスターカード1枚を選んで特殊召喚し、その発動した効果を無効にする。

相手の攻撃を制限する効果、自身の攻撃力が2300と高くはないので《海晶乙女の闘海》でのパンプアップに頼る事になりますね。

お互いのフィールドのカードをバウンス、こちらは使いまわしたいモンスターを再利用したい所、バウンスによる除去が手に入ったのも大きそうです。

(3)は装備モンスターを特殊召喚して魔法・罠の発動を無効、発動タイミングが相手ターンのと少し心許ないですが【マリンセス】では貴重な魔法・罠無効要員ですね。

効果モンスター
星5/水属性/サイバース族/攻 500/守2500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「マリンセス」カード1枚を対象として発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、このカードは以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、対象のカードは相手の効果では破壊されない。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの「マリンセス」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地から「マリンセス」リンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとして対象のモンスターに装備する。

上級モンスターであり自己特殊召喚効果があります、対象となる「マリンセス」カードが必要ですが対象に効果破壊耐性を付与してくれ、自身も守備力が高めになっています。

また「マリンセス」カード指定なのでフィールド魔法である《海晶乙女の闘海》を守る事ができますね。

墓地から除外する事で「マリンセス」リンクを装備カード化、装備できる手段が1つ増えるのは嬉しいポイント。

効果モンスター
星4/水属性/サイバース族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から「マリンセス」モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが水属性リンクモンスターのリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分フィールドの「マリンセス」モンスターの数だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
この効果で「マリンセス」カードが墓地へ送られた場合、さらにその「マリンセス」カードの数×200ダメージを相手に与える。

墓地の「マリンセス」を除外する事で特殊召喚できるモンスター。

リンク素材となるとデッキトップから墓地肥やし、めくれた「マリンセス」カードの数に応じたバーンダメージが飛びます。

墓地リソースが大事なテーマでもあるので除外は計画的にしたいところです。

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):以下の効果から1つを選択して発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は水属性モンスターしか特殊召喚できない。
●リンクモンスター以外の自分の墓地の「マリンセス」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
●自分のフィールドゾーンに「海晶乙女の闘海」が存在する場合に発動できる。
デッキから「マリンセス」モンスター1体を特殊召喚する。

2つのモードを持つカード、発動後に水属性縛りが発生しますが【マリンセス】ならそれほど気にならないかと。

リンク以外の「マリンセス」蘇生と《海晶乙女の闘海》が存在すれば「マリンセス」リクルートとどちらも展開できる効果となっております。

通常罠
自分フィールドにリンク3以上の「マリンセス」モンスターが存在する場合、このカードの発動は手札からもできる。
(1):自分フィールドの水属性リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのモンスターとはカード名が異なり、リンクマーカーの数が同じ「マリンセス」リンクモンスター1体をリンク召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。
このターン、この効果で特殊召喚したモンスターは直接攻撃できず、戦闘では破壊されない。

「マリンセス」特有の条件を満たせば手札からも発動可能な罠。

自分の水属性リンクをバウンスして同じリンク数の「マリンセス」をリンク召喚扱いで特殊召喚、そのモンスターに戦闘破壊耐性が付与され、ダイレクトアタック不可に。

戦闘で困った際に壁としてバトンタッチしたり、ダイレクトアタックはできませんが追撃が可能になります。

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
その攻撃を無効にし、自分のEXデッキ・墓地から「海晶乙女クリスタルハート」1体を選んで特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドのリンク2以上の「マリンセス」リンクモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは自身のリンクマーカーの数まで1度のバトルフェイズ中に攻撃でき、そのモンスターの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。

攻撃を無効にしEXデッキか墓地から「クリスタルハート」を展開する効果。相手の続いての攻撃は「クリスタルハート」で防ぐ事も可能です。

墓地から除外する事でリンクマーカーの数まで攻撃が可能となります、パンプアップして充分な攻撃力をもつ高リンクならば相手を一掃する事もできそう、戦闘ダメージが0になりますが対象のモンスターのみの戦闘ダメージなので他のモンスターでの攻撃ならダメージは通ります。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

罠を多用するテーマなので罠サーチが望まれていますねぇ。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント

  1. 匿名 より:

    海晶乙女環流は入れ替えだけでなく。伏せておいて立て直す時にエリアかスプラッシュメイジを対象にしてコーラルアネモネに繋げるのも良いですね。

    • ドラゴン隊長ドラゴン隊長 より:

      水属性リンクが条件なので「マリンセス」に拘らずそれらから繋げるのも良さそうですね!