【夢魔鏡(ドリームミラー)】相性の良いカード|フィールド魔法やリリース多用ならば!

「ワールドプレミアパック2020」でまだ触っていなかったので今回は【夢魔鏡(ドリームミラー)】にフィーチャー。「ブレイジング・ボルテックス」で新規確定が羨ましい!(海造賊感)

ゆる~く相性の良いカードなどを紹介していきたいとおもいます。光と闇で反転するステータスなど良い雰囲気のデッキですねぇ(*’ω’*)

スポンサーリンク

同パック収録《カオス・ダイダロス》とも相性が良かったり

《カオス・ダイダロス》

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/海竜族/攻2600/守1500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):フィールド魔法カードが表側表示で存在する限り、自分フィールドの光・闇属性モンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):フィールド魔法カードが表側表示で存在する場合、
その数までフィールドのカードを対象として発動できる。
そのカードを除外する。

【夢魔鏡】がそもそも光と闇のテーマなので「カオス」モンスターを気軽に採用できます、その中でも特にシナジーするのが《カオス・ダイダロス》

フィールド魔法が存在する事で効果を適用・発動することができます。【夢魔鏡】では2種類のフィールド魔法を駆使して戦うので「ダイダロス」の効果を最大限に活用できます。

(1)の光・闇モンスターに対象耐性を付与(2)ではフィールド魔法の数まで対象のカードを除外。デッキのスロットに困ったら1枚挿しといて損はなさそうに見えますね(*’ω’*)

リリースを多用するので《闇黒の魔王ディアボロス》

《闇黒の魔王ディアボロス》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドの闇属性モンスターがリリースされた場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はこのカードをリリースできず、効果の対象にもできない。
(3):自分フィールドの闇属性モンスター1体をリリースして発動できる。
相手は手札を1枚選んでデッキの一番上または一番下に戻す。

「夢魔鏡」モンスターはリリースする事でデッキから光・闇から反対属性のモンスターとスイッチする事ができます。

闇属性をリリースする事も多いので「ディアボロス」の出番。単純に何回も戻ってこれる耐性持ちの高打点&リリースによって相手に手札をトップorボトムへ戻させる事が可能。

複数積みはやはり事故が怖いので「ダイダロス」同様ピン挿しでいい仕事をしてくれそうな1枚。

重要な罠へアクセス《トラップトリック》

《トラップトリック》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「トラップトリック」以外の通常罠カード1枚を除外し、その同名カード1枚をデッキから選んで自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は罠カードを1枚しか発動できない。

2種類の通常罠によって「夢魔鏡」を操るので潤滑油として相性が良い《トラップトリック》

お互いのフィールドゾーンに置く《夢現の夢魔鏡》と2種のフィールド魔法を除外からデッキに戻し対象を取らない除去を使える《夢魔鏡の夢物語》どちらも重要なカードなので《トラップトリック》によるカサ増しは非常に有用そうですね(*’ω’*)

コメント