墓地対策新時代《深淵の獣ドルイドヴルム》メタ次第で大きなリターンと汎用性

スポンサーリンク
深淵の獣ドルイドヴルム

最近の大会構築にてちらほらと見かけるのが《深淵の獣ドルイドヴルム》です、別に【ビーステッド】でもないデッキでも墓地対策カードとして使用されています。

範囲は限定的ですが除外した上でモンスターが出てくるリターンの大きさが魅力です。

スポンサーリンク

メタが固まっているほど強力

《深淵の獣ドルイドヴルム》

深淵の獣ドルイドヴルム

効果モンスター
星6/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分または相手の墓地の光・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、このカードを手札から特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合、相手フィールドの特殊召喚されたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを墓地へ送る。

墓地除外できるのは光属性・闇属性のみ

除外範囲は狭いですが、遊戯王でのメイン属性なので数は多いですね、特殊召喚封じなどをされていると発動ができない点には注意。

環境上などで光・闇属性が多いメタゲームでは非常に頼りになり、メインからの投入も見受けられます。

相手フィールドにモンスターが居れば相手ターンでも発動可能となり、利便性が大きく向上します。

D.D.クロウ

墓地除外では範囲の広さと使いやすさでは《D.D.クロウ》などに劣りますが、「ドルイドヴルム」は攻撃力2500のモンスターが特殊召喚されるのが強み。

フィールドから離れると特殊召喚されたモンスターを墓地送り

「ドルイドヴルム」の強みはもう1つあります、それがフィールドから離れると相手フィールドの特殊召喚されたモンスターを墓地へ送る効果。

特殊召喚限定で対象こそ取りますが墓地送りは質の高い除去ですね。

除去したいモンスターも多くは特殊召喚されているモンスターが多いのでそこまで気にならないかと。

最悪自分の墓地除外で腐らない

こういった限定的だけど強いカードは引っかからない相手には滅法弱いというのがありますが、「ドルイドヴルム」は自分の墓地からの除外も可能なので完全に腐ってしまう要素は構築でケアする事ができます。

そこから攻撃要員としても素材にしてフィールドから離して除去を狙っていくなど突破口を開きにいけます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

環境が固まっていると墓地除外の留まらずとてつもない戦果をもたらしてくれるカードですね。

コメント