【雑感】エラッタについてのアレコレ|復帰ユーザーにはあまりよろしくない

スポンサーリンク

某アーケードカードゲームを無性にやりたくなる時期があり、カードプールを確認していると結構色々なカードがエラッタされており、過去の定番カードが採用されないのを知って「えっ!そうだったのか」なっている状態です。

そんな中、遊戯王OCGについてのエラッタはどうなんだろうと思ったのでエラッタについて書いていきます。

スポンサーリンク

復帰者を惑わす可能性が高いエラッタ

冒頭に書いた通り、エラッタは復帰者が気付かない事が多いかと思われます。

しっかり調べていると分かるのですが、復帰したばかりの状態でアレコレ調べをつけるというのも中々無理なお話かと(;・∀・)

エラッタ前のカードを使い、以前の効果のままで使ってしまいかねない「エラッタ」

ごく最近の例では《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》でしょうか、復帰した人がリミットレギュレーションを見て「レダメ」は制限カードで使えるのかとエラッタ前のカードをデッキに入れ、以前の効果で使ってしまう、こんな場面は全く無いとは言い切れません。

相手が知っていれば「エラッタされたんですよ」と教えてあげれば済む話ではあるのですが、お互いが復帰者となるとまた違ってくるのかなぁと。

ずっと現役で追いかけているとエラッタがあれば情報を拾うのであまり気にしませんでしたが、復帰プレイヤーやたまにしかプレイしない人達にとっては結構エラッタのリスクって存在しますねぇ。

エラッタも悪い所だけではない

エラッタの短所を書きましたが長所も存在します。

長所としてはエラッタ前のカードを使用しても良い事ですかね、調整版を新規で刷るとなると新しく入手する必要性が出てきますからねぇ。

例に出した「レダメ」も調整版のカードをドラゴン族デッキ分用意するのは収録方法次第で結構大変かもですね。

テキストを最新の物にしたい!って欲求はありますがルール的に以前の物も使えるのはまだ有情な部分かもしれません。

エラッタを知っているなら勿論エラッタ後のテキストの把握は必須となりますが。

雑感まとめ

やはりエラッタは現役ユーザーにはそこまでですが、復帰ユーザーにとっては気付くタイミングが実戦の時に起こりやすくプレイだけではなく、開発・運営面においてもとてもリスキーな事だと実感しました(他ゲーで気付いた事ですが)

なので出来る限りしてほしくはない…ですが必要な時もある…非常に悩ましい事ですねぇ(^o^;)

コメント

  1. 名無しの決闘者 より:

    本でしか手に入らないエラッタカードも
    あるのが紛らわしいのを加速させてるんだよね。
    バージェストマのなんて限定パックだし

  2. 匿名 より:

    確かにエラッタは一瞬戸惑う
    ただエラッタはTCGではそこそこあるし遊戯王のエラッタはむしろ少ない方