ファイアウォール・ヴァレルロード「X」エクシーズタイム

《ファイアウォール・ドラゴン》の解禁も相まって改めて見つめ直すと面白強そうなカード「ファイアウォール」「ヴァレルロード」のエクシーズモンスター「エクシード」と「エクスチャージ」

ひと手間考える必要があったりしますが、決まると気持ちいいのでオススメです(*’ω’*)

スポンサーリンク

《ファイアウォール・ドラゴン》を使い回す

《ファイアウォール・X・ドラゴン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/サイバース族/攻2500/守2000
レベル4モンスター×2体以上
(1):X召喚したこのカードの攻撃力は、このカードとリンク状態になっているリンクモンスターのリンクマーカーの数×500アップする。
(2):このカードのX素材を2つ取り除き、自分の墓地のリンク4のサイバース族リンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

打点アップ効果とリンク4サイバースを蘇生する効果。

必然的にこのカードの打点は4500になりますね、蘇生を行いつつこの打点は中々の物かと、発動後に特殊召喚不可、ダイレクトアタック不可と制約も結構大きいですが(;^ω^)

《ファイアウォール・ドラゴン》を釣り上げる際には相互リンクを目指したいのでリンクモンスター・このカードをX召喚する位置などを考える必要があります。相互リンクできた場合のリターンが大きいので頑張って狙いたい所。

他にも《アクセスコード・トーカー》を蘇生すれば対象を取らない破壊ができ、《双穹の騎士アストラム》を蘇生すればSSした相手との戦闘に滅法強くなります。リンク召喚時ほど強くは運用できませんが、蘇生して使える効果としては充分かと。

《ヴァレルロード・X・ドラゴン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
ドラゴン族・闇属性レベル4モンスター×2
(1):X召喚したこのカードは他のモンスターの効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は600ダウンする。
その後、自分の墓地から「ヴァレル」モンスター1体を選んで特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できず、直接攻撃できない。

素材指定はありますが何気にランク4で素打点3000(*’ω’*)

モンスターの攻守をダウンさせ「ヴァレル」モンスターを蘇生、蘇生したモンスターはエンドフェイズに除外。

発生する制約は「ファイアウォールX」と同じ。

攻守ダウンからの蘇生は蘇生対象が居なくとも攻守ダウンのみを適用させることが可能なので攻撃力3600みたいな物ですな。

蘇生先は主に「ヴァレルロード・ドラゴン」「ヴァレルソード」「ヴァレルロードF」どのカードもそれぞれ強みがありますね。

ただ直接攻撃できないので「ヴァレル」の高火力を活かしにくいのが難点「ヴァレルロード・ドラゴン」のコントロール奪取でエンドフェイズの除外があってもモンスターを確保できるのが丸い選択ですねぇ。

コメント

  1. 匿名 より:

    ヴァレルロードはエクシードじゃなくてエクスチャージですね。