汎用カードが足らなくなる!複数デッキ所持者の悩み

「ファントム・レイジ」の発売も来週に迫り、様々な既存テーマに新規カードが与えられたり新規テーマが登場しますねぇ。

そんなレギュラーパック飛ばしすぎじゃないかと少々思いつつ、やはり複数デッキを所持していると当然足らなくなるのは汎用カード。

「ファントム・レイジ」では人気テーマにスポットが多く当たっているのでデッキ再始動する方も多いんじゃないでしょうか。

そこで汎用カードが足らない時のオススメカード&プランを自己流ですがご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

庶民の味方《エフェクト・ヴェーラー》

現代遊戯王で真っ先に足らなくなる汎用カード、それはやはり「手札誘発」無くてもデュエルはできますが今のゲームスピードではやはり数枚は取っておくべきかと私は思います。

嫌いな人も居ますが主にそれって「灰流うらら」に対するヘイトな部分があると思います。実際《エフェクト・ヴェーラー》を嫌う人はあまり見かけませんしね(;・∀・)

そこで所持デッキが増えて足らなくなる手札誘発を補うカードとしてはやはり大量に再録されている《エフェクト・ヴェーラー》さん!

相手のアドバンテージを稼ぐのを止めてみたり、除去を無効にしてみたりとやっぱり効果の射程内に入ったカードを撃ち抜くと強力なのは相変わらずですよー(>ω<)

《夢幻泡影》といった競合もありますがそこは予算との相談ですねぇ…今回はこういったカードが足らなくなった時の記事ですので(;^ω^)

大体のモンスターを処理できる「壊獣」

あの「ドラグーン」も楽々処理できるカード「壊獣」打点的に「ガメシエル」が最も使用されております。

度重なる再録でこのカードもお手頃価格で入手できます。

リリース耐性を持つモンスターは非常に少なく、刺さらないとなると《虚無空間》など特殊召喚を封じられている場面などでしょうか。

使用するのは主に後攻での捲くり用、リスクとしてはフィールド・手札がドン詰まった時にトップすると弱いですが、そういうカードは山の様にあります故…(^o^;)

罠に頼ってみる

困った時の罠頼み。

遅いのが致命的になる場面が多く採用を見送られる事が多い部類のカードっすねぇ…

しかし決まった時のリターンは「手札誘発」を遥かに越えてきます。《神の宣告》によるカウンターや大会で相手をあっと言わしたという《聖なるバリア-ミラーフォース-》は非常に戦況を揺るがします。

また伏せカードの減少により《サイクロン》などのバック処理に割かれるスロットが減りつつあるのも追い風。テーマによってはバックもしっかり除去できたりするので油断は禁物ですが(^o^;)

定番の魔法カード

1枠埋まらず困ったら選択肢の上の方に来るであろうカードとしてはやはり《死者蘇生》ですかねぇ。やっぱり強いです、トップ解決能力も中々に高いですし。

そこから保険札となる《ハーピィの羽根帚》や値下がりして入手性が上がった《ライトニング・ストーム》その他にも流石は元禁止カード《サンダー・ボルト》なども非常に丸く良い戦果を残してくれそうです。

欲を言うと《墓穴の指名者》なのですが、コレは《灰流うらら》と同じくらい需要があり再録されても無限の需要で値段が維持されてますねぇ(;^ω^)

後はデッキカテゴリとの相談にもなりますが《強欲で貪欲な壺》や《強欲で金満な壺》は優秀なドローソースなのでなんとかしてくれるかもしれませんね!

総括

これまでに紹介したカードを好みで適宣搭載していく事で低予算にしつつデッキをある程度戦える所までやってくれると思いますのでフリー用のデッキとかの参考になると幸いです。

コメント