注目【相剣】に《ギガンテック・ファイター》【ふわんだりぃず】に《ダーク・シムルグ》

『バースト・オブ・デスティニー』で登場した2大新規テーマとも言える【相剣】と【ふわんだりぃず】それらの構築にて注目が集まっているカードをそれぞれ紹介。

どちらも昔ながらのカードが再注目されるのは面白いですねぇ。

スポンサーリンク

ターン1の無い蘇生は実質破壊耐性

《ギガンテック・ファイター》

シンクロ・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカードの攻撃力は、お互いの墓地の戦士族モンスターの数×100ポイントアップする。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分または相手の墓地の戦士族モンスター1体を選択し、自分フィールド上に特殊召喚できる。

【相剣】で使われている2008年のスターターデッキで登場したシンクロモンスター、昔ながらのカードらしく戦闘破壊のみとはいえターン1が付いていない蘇生効果を持っています。

対象は戦士族限定ですが、相手の墓地からも選択する事ができます。自身を対象に蘇生ができるので妨害さえ無ければ無限に壁となってくれます。

【相剣】では「バロネス」を蘇生するのが主な目的、増Gを食らってから連続自爆特攻でデッキデスも視野に入る使い方もされている様です。

こういうカードは構築が洗練されて残るかどうかは怪しい部分もありますが「バロネス」という確固たる蘇生先ができたのは大きいですねぇ。

また高レベルの召喚・特殊召喚を封じる《クリムゾン・ブレーダー》にも注目が集まっています、ミラーメタのみならず【電脳堺】【ドラゴンメイド】などを睨む事ができますからねぇ。

様々なシンクロモンスターを拾うデッキでとても楽しそうです…組みたい…(汗)

魔法・罠が苦手なら封じてしまえばよい

《ダーク・シムルグ》

効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):このカードが手札に存在する場合、自分の墓地から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札から闇属性と風属性モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
このカードを特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
(4):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。

【ふわんだりぃず】からはダムルグこと《ダーク・シムルグ》基本的に【ふわんだりぃず】は魔法・罠に対する回答をカテゴリ内に持っておらず、対策を考える必要があります。

そこで鳥獣族で罠や速攻魔法による妨害をシャットアウトするこのカードが注目されました、最上級鳥獣族なので「いぐるん」によってサーチが容易、特殊召喚方法を持っていますがアドバンス召喚に対応。蘇生効果もありますが流石にこの効果は使えなさそうですな。

往年の《魔封じの芳香》と組み合わせればバックを完全に封じ込める事ができます。魔法・罠による妨害で悩んでるならば試してみる価値はありそうです。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

この2テーマは新規が貰えそうな上まだまだ研究が進みそうで非常に味があるテーマですねぇ。やっぱり【相剣】組みたい気持ちに抗えないのでパーツ集めボチボチしますかね!

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント