『カード考察』《絶対なる幻神獣》ちょっと厳し目な罠かも…ラー…

『プリズマティックゴッドボックス』に収録される【三幻神】の新規カード《絶対なる幻神獣》の効果が判明しましたので考察をしてみようと思います。

それにしても『ゴッドボックス』はウルトラ枠が結構あって再録にもウルがあるので中々大変そうですね(;^ω^)

スポンサーリンク

神を蘇生!なお【ラーの翼神竜】

《絶対なる幻神獣》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時に、手札から魔法・罠カード1枚を捨て、自分の墓地の幻神獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
その後、攻撃対象をそのモンスターに移し替える。
(2):自分フィールドに幻神獣族モンスターが存在する場合、エンドフェイズに発動できる。
このターンにフィールドで効果を発動した、相手フィールドの表側表示のカードを全て破壊する。

相手の攻撃に反応して発動できる永続罠。

手札の魔法・罠カードをコストに「幻神獣族」を蘇生し、攻撃対象を移し替える効果。

召喚制限によって《ラーの翼神竜》は蘇生する事ができません…高い守備力を持つ《オベリスクの巨神兵》を蘇生するのがベターかと思われます。

まぁ「ラー」は他にサポートカードを沢山貰っていますからね…

(2)の効果は自分フィールドに「幻神獣族」が存在するエンドフェイスにフィールドで効果を発動した相手フィールドの表側カードをすべて破壊する豪快な効果。

是非(1)で蘇生した「神」を維持したい所ですね(*’ω’*)

全ての神とシナジーしないのが残念

手札コスト的に「オシリス」はパワーダウンしてしまいますし「ラー」によってはそもそも特殊召喚できず、単体で蘇生効果を存分に活かせるのが高ステータスの「オベリスク」のみですね。

(2)の破壊効果もエンドフェイズと遅め、現代遊戯王では「神」やこのカードがエンドフェイズまで残っているかは結構怪しいと思うのですよ。

よって攻撃反応&エンドフェイズ発動の罠効果なのでもうちょっと強くしてほしかったのが正直な所ですね…実際決まると結構強い系なカードの可能性もありますが。

【三幻神】か「ラー」「オシリス」「オベリスク」でソロ活動するか

デッキとしては《ラーの翼神竜》はデュエリストパックにて「ラー」デッキとして運用が可能となっているのも踏まえると「三幻神」ではなくそれぞれの神を単体運用するデッキプランも思い浮かびますが…「ラー」ほどサポートが多くないので難しいかもですね…悩ましい…

コメント