ストラク新規《ZS-希望賢者》など・便利リクルーター|運命の契約から未来龍皇も!

ストラクチャーデッキ『オーバーレイ・ユニバース』に新規収録されるランク4モンスター《ZS-希望賢者》

各種ホープモンスターをガッチリサポートするカードとなっております。また必須とも言える《No.39 希望皇ホープ・ダブル》の再録が決定しました。

スポンサーリンク

「ZW」や「ZS」をリクルート・攻撃制限に注意

《ZS-希望賢者》ゼアル・サーバス ホープ・セージ

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/光属性/戦士族/攻2000/守2500
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
デッキから「ZW」モンスターまたは「ZS」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はXモンスターしかEXデッキから特殊召喚できず、No.」モンスターでしか攻撃できない。
(2):「ZS-希望賢者」を除く自分フィールドの元々の属性が光属性の「ホープ」Xモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにフィールド・墓地のこのカードを除外できる。

素材指定もないランク4「ZW」「ZS」をリクルートする効果持ち。発生する制約としてはXモンスターのみEXデッキからの特殊召喚ですがデッキの方向性的にこちらはあまり心配しなくて良さそう。

もう1つ「No.」のみでしか攻撃ができなくなりますが、こちらもデッキ的に大きな制約にはならなさそうなのでデメリットとしては非常に緩くなっております。

また身代わり効果を持っておりホープの場持ちを良くする事ができます、墓地のみならずフィールドからも対応しているのが有り難いですなぁ。

リクルート先いろいろ

《ZS-昇華賢者》をリクルートしてホープをX召喚すれば「RUM」をサーチでき、ユートピアフォースを持ってくればそのまま「ホープ・ドラグナー」へ繋げる事も。

《ZS-武装賢者》では「ZW」をサーチが可能《獣装合体 ライオ・ホープレイ》を用意でき、装備する事ができればモンスター効果無効を構える事ができ、先攻時に妨害を構える事が可能に。

「ZW」を直接サーチする事もゲームをフィニッシュにもっていく場合など状況次第で全然ありそうです。

《運命の契約》即効性は無いが決まれば未来龍皇が出てくる

《運命の契約》

永続罠
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊される度に、このカードに皇の鍵カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
(2):相手がEXデッキからモンスターを特殊召喚した場合、このカードの皇の鍵カウンターを1つ取り除いて発動できる。
手札・デッキ及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、「運命の扉」1枚を墓地へ送り、EXデッキから光属性の「ホープ」Xモンスター1体をX召喚扱いとして特殊召喚し、このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

破壊をトリガーにカウンターを置き、相手のEXからの特殊召喚に合わせてホープモンスターを展開できる永続罠。

カウンターを載せる事と相手の特殊召喚と手間はかかりますが決まれば無料でホープを出せちまうんだ!素材もこのカードが担ってくれます。

ホープモンスターなので《FNo.0 未来龍皇ホープ》を展開する事も可能。このカードはデッキ方向と素材が相性が悪く、枠も取りがちで怪しいのですが、運命の契約を採用するなら一考の価値アリ。

今とてつもなく高いですね、再録も枠的に厳しくなってきましたが…一応召喚できるカードは用意されていますね。

《ナンバーズ・プロテクト》再セット可能な万能カウンター

《ナンバーズ・プロテクト》

カウンター罠
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドに「No.」Xモンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが墓地に存在し、自分フィールドの「No.」Xモンスターが戦闘・効果で破壊された時に発動できる。
このカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

「No.」が存在するだけで発動できる万能カウンター。「No.」が破壊されると再セットが可能。発動条件である「No.」が破壊されて再セットなので場合によっては発動不可能になる事もありそうです。

効果も1ターンにいずれか1つなのでカウンター後に再セットは不可能となっているので注意、相手にした場合はここを突くべし。

不特定な相手と戦いサイドもないフリーではとても頼りになりそう。

コメント