《CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル》ホープ・ドラグナーとの強烈タッグ

『オーバーレイ・ユニバース』から相性の良い「No.」の1枚として多数ある候補の中でも高めな位置に挙げられる事が多い《CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル》ストラク前は色々大変なカードでしたが、ホープ・ドラグナーとのタッグは非常に強力です。

スポンサーリンク

相手のみモンスター効果の発動ができない・ステータスの低さはドラグナーで守る

《CNo.65 裁断魔王ジャッジ・デビル》

エクシーズ・効果モンスター
ランク3/闇属性/悪魔族/攻1600/守 0
闇属性レベル3モンスター×3
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。
(2):このカードが「No.65 裁断魔人ジャッジ・バスター」をX素材としている場合、以下の効果を得る。
●このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手フィールドのモンスターは効果を発動できない。

本命は(2)の効果(1)の効果しちゃうと素材のジャッジ・バスターが取れちゃいますからね(汗)

ジャッジ・バスターを素材にする方法は《ゼアル・フィールド》にて素材化してあげましょう。

フィールド魔法
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのXモンスターを対象とする、自分のカードの効果の発動に対して、相手は魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
(2):自分フィールドにXモンスターが特殊召喚された場合、そのモンスター1体を対象として発動できる。
自分のEXデッキ・墓地からXモンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。
(3):自分ドローフェイズのドロー前に発動できる。
デッキから「シャイニング・ドロー」1枚を選んでデッキの一番上に置く。

相手のみモンスター効果の発動封じは現代遊戯王においてかなり強い制圧力を誇ります。《原始生命態ニビル》すらも退けます。

あくまで「発動」を封じるので永続など発動しない効果には弱い

本人に耐性が無く、ステータスも貧弱なので脆さはあります。戦闘に対して強く出れるのがまたまた《No.99 希望皇ホープドラグナー》相手の攻撃に反応して打点を0にする事ができるので、モンスター効果を発動できずにバトルに入るのはリスキーとなり、ジャッジ・デビルを特殊召喚するだけではなく戦闘からも守ってくれるこのパートナー能力…!

魔法・罠による除去は諦めの境地

こればかりは仕方がない、諦めも肝心です。最近では挨拶がわりに《ライトニング・ストーム》が飛んできたりもして魔法・罠での除去も厚めな構築は結構ありますからね。

逆に言うと魔法・罠でのマスト除去モンスターと言えるほど強力な事の証明にもなる、と言えますね。

攻守を下げるデバフも勝てる時なら使ってしまう?

本命ではない(1)の攻守1000ダウン効果、あと1000ダメージあれば勝利できる…!そんな場面なら使ってしまっていいかと。なんやかんやでライフを0にするのが大筋の勝利条件であるという本質を見落とさない心構えも必要です。

相手はモンスター効果を発動できる様になるのでそこに《エフェクト・ヴェーラー》などを当てられると厳しくなるので見極めも肝心になってくるかと、その辺りは非常にプレイングの好みが現れそうですねぇ。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

EXを2枠使うし必須ギミックでも無いですが、選択肢の1つとして全然アリですね。ホープ・ドラグナーとの相性の良さが際立つのでシナジーの気持ち良さっていうのがあります。

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント