考察《カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト》フリーチェーンで飛び出て打点をコピー

Vジャンプ7月号の応募者全員サービスパック『LEGENDARY MONSTERS PACK』に収録されるカード最後の考察は《カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト》名前が長くてゴールデン!

スポンサーリンク

フリーチェーンで特殊召喚でき打点をコピー

《カイザー・グライダー-ゴールデン・バースト》

効果モンスター
星6/光属性/ドラゴン族/攻2400/守2200
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力と同じになる。

モンスターを1体リリースする事で特殊召喚できる自身の特殊召喚方法。相手ターンでも発動できるフリーチェーンでのSSとなっております。

(2)の効果は召喚・特殊召喚時に相手フィールドのモンスターの打点をコピー。自身での特殊召喚効果もありますが、通常召喚でも対応しています。また他のカードによって特殊召喚した場合も誘発可能、蘇生などでも使っていけますね。

このパックの中では1番シンプルな運用方法となりそうなカードですねぇ。

フリーチェーンなのを活かしてサクリファイスエスケープしたりバトルフェイズで追撃としても運用できシンプルながらトリッキーな動きができそうです。

基本相打ちになり、こちらはリリースしている分アドバンテージ面では劣るのは否めない所。《復活の福音》で蘇生し、身代わり効果を使えばフィールドに残すことができるのでコピーした打点次第では脅威を維持する事が可能。

《闇黒世界-シャドウ・ディストピア-》を用いれば相手モンスターをリリースしながら着地する事ができます。手札からリリースしながら飛んでくるので奇襲性はピカイチ。

コメント