【機巧】テーマカード解説・攻守が同じ機械族で戦う

「ドーン・オブ・マジェスティ」でテーマ化される【機巧】以前からテーマとして成立しそうでしたが今回で正式にテーマ化となります。

気になる方は既存カードを今の内に集めとくのオススメです。今回判明したのは全て下級、上級以上は既存のモンスターが当てはまります。

しかし何分数が多いですねぇ。同攻守でシナジーがあるモンスターはカテゴリ外にも居そうなので構築が楽しそうなデッキですな!

スポンサーリンク

裏側除外に関連する効果を多く持つ

《機巧菟-稻羽之淤岐素》

効果モンスター
星1/風属性/機械族/攻 50/守 50
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を手札から守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、そのモンスターの攻撃力・守備力は、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

レベル1、召喚時に攻守が同じ機械族を手札からSS、攻守が同じ機械族を多用する他テーマとも相性が良さそうですね。

墓地から除外すると自分フィールドの攻守が同じ機械族の合計分の打点に。盤面次第ではかなりの火力を見込めます。

《機巧鳥-常世宇受賣長鳴》

効果モンスター
星2/光属性/機械族/攻 950/守 950
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体をリリースして発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じで、リリースしたモンスターよりも低いレベルを持つ機械族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
裏側表示で除外されている自分のカードの中から、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んで手札に加える。

レベル2、同じ攻守の機械族をリリースしてそのモンスターより低レベルの同攻守機械族をリクルート。このデッキでは中々扱いやすい性能のリクルーターかと。

墓地から除外すると裏側除外されている同攻守機械族をサルベージ。

《機巧蛙-磐盾多邇具久》

効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻1450/守1450
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んでデッキの一番上に置く。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

レベル3、召喚・特殊召喚時に同攻守機械をデッキトップに積む効果。

墓地除外効果は同攻守機械を蘇生、これまた素直な性能ですね。

《機巧猪-伊服岐雹荒神》

効果モンスター
星4/水属性/機械族/攻1850/守1850
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を対象として発動できる。
攻撃力と守備力の数値が同じで、対象のモンスターより低いレベルを持つ機械族モンスター1体をデッキから墓地へ送る。
対象のモンスターの攻撃力・守備力は墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。

同攻守機械が存在するとSSできるレベル4、テーマ的にSS条件は容易に達成できそうです。

墓地除外効果は同攻守機械族をデッキから墓地へ、最初に対象を取りそのモンスターは墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップ。対象が必要となりますが「おろ埋」効果は嬉しいですね。

《機巧伝-神使記紀図》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から、攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスター1体を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは裏側表示で除外する。
(2):攻撃力と守備力の数値が同じ機械族モンスターが召喚・特殊召喚される度にこのカードにカウンターを1つ置く。
(3):このカードのカウンターの数が10以上の場合、攻撃力と守備力の数値が異なるフィールドのモンスターは効果を発動できない。

「機巧」初の魔法、フィールド魔法となっておりデッキを3枚めくって同攻守機械族を1枚手札に、残りは裏側で除外。毎ターン発動できるのでアド源として優秀。裏側除外も上手に活用したいですね。

同攻守機械族が召喚・特殊召喚される度にカウンターを置き、カウンターが10個以上貯まると攻守が異なるモンスターは効果を発動できなくなります。

10回の召喚・特殊召喚…決まるかどうかはまだ未知数ですね。

既存の「機巧」

《機巧牙-御神尊真神》

レベル6、除外されているカードが6枚あるとリリース無しで召喚が可能。

召喚・特殊召喚時に手札のモンスターをコストに同攻守のモンスターをサーチ。

フィールドで破壊されると除外されているカードを6枚デッキに戻せます、種類指定が無いので裏側除外でも戻せるので《強欲で貪欲な壺》や《機巧蛇-叢雲遠呂智》と相性が良好。

《機巧狐-宇迦之御魂稲荷》

レベル7、デッキからモンスターが特殊召喚されると反応して自身を手札から特殊召喚。

召喚・特殊召喚時に相手フィールドのモンスターを対象として対象と同属性かつ同攻守のモンスターを手札・デッキから特殊召喚。

テーマ化にあたり対応モンスターが大量に追加されたので使いやすくなった1枚。地味にバーン効果も。

《機巧蛇-叢雲遠呂智》

レベル8、デッキトップから8枚裏側除外によって手札・墓地からフリーチェーンで特殊召喚できるカード。

EXデッキを3枚除外する事で対象のモンスターを破壊。

既に【オルフェゴール】や【叢雲ダ・イーザ】で実績をあげていますね。

機巧辰-高闇御津羽オカミ》

レベル10、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが2枚存在すると特殊召喚でき、LP1500支払う事によりEXデッキから特殊召喚されたモンスターを全破壊。

相手によって墓地へ送られると相手の墓地モンスターを1枚除外し、その攻撃力分ライフゲイン。

《機巧蹄-天迦久御雷》

レベル9、EXモンスターゾーンにモンスターが居ると特殊召喚が可能。EXゾーンのモンスターを対象として装備。このカードでモンスターを戦闘破壊すると装備カードを特殊召喚。

《機巧嘴-八咫御先》

レベル5、通常召喚されたモンスターをリリースして特殊召喚。召喚・特殊召喚時にモンスターを1体召喚。この効果で召喚したモンスターと同属性しか特殊召喚できない縛りが発生。

自身効果で特殊召喚したこのカードがリリースされると2050ライフゲイン。

いやホント種類が多い(汗)

構築する際はまた新しく記事を書いていこうと思います。

コメント