戦士族好きのテンションを上げる《キリビ・レディ》

本日発売された「COLLECTION PACK 2020」その中でも個人的に輝いて見えるカード《キリビ・レディ》について以前より深堀りしていこうと思います。

【焔聖騎士】向けっぽいデザインですが、意見も別れており、今回は管理人お気に入りの戦士族デッキからチョイスしていきます。

いや本当にこのカード好きすぎです(*´ω`*)

スポンサーリンク

召喚誘発が多いから嬉しい【HERO】編

《キリビ・レディ》

効果モンスター
星1/炎属性/戦士族/攻 100/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに戦士族モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札からレベル4以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン相手の効果の対象にならない。

《キリビ・レディ》自体手札消費の激しいカードになりますがサーチ&蘇生&リクルートが出来る《焔聖剣-デュランダル》《聖騎士の追想 イゾルデ》セットの運用がオススメです。

【HERO】での運用として《キリビ・レディ》で特殊召喚した対象にならない「エアーマン」「シャドー・ミスト」は非常に強力ですね。「ヴェーラー」「夢幻泡影」に引っかからなくなるので対処法が多少狭まります。特に初手「ダーク・ロウ」確率はかなり引き上げられたのではないでしょうか。

「ソリッドマン」から入ると宇宙が見える展開です。また「デュランダル」の効果使用も視野に入れると炎属性の「ブレイズマン」採用も見えてきますねぇ(*´ω`*)

【D・HERO】としては《X・HERO クロスガイ》で効果を使用するターン「HERO」特殊召喚縛りが発生するので運用は難しそうです。

《フュージョン・デステニー》の場合は「闇属性HERO」縛りが発生しますが、こちらは効果発動後になるので初動で使う事になるであろう《キリビ・レディ》とはギリ共存できそうかな?

【V・HERO】いわゆる「ファリス」「インクリース」「ヴァイオン」の三本柱ですが、これらの動きに更にHERO展開効果が追加される感じになるので純粋に強化かと思われます。盤面に「マスク・チェンジ」伏せの構えや「エアーマン」で次弾装填といった事をプラスワンできるので展開に寄せたい場合に有効かと。

【テラナイト】新たなる特殊召喚手段を手に入れた!

お次は【テラナイト】ランク4テーマという事もあり《キリビ・レディ》での展開補助能力を得て動きやすくなったかと思われます。

《天架ける星因士》はデメリットの代わりにデッキから交換していましたが、《キリビ・レディ》の使用によりサーチ札である「デネブ」があればそのまま展開を続ける事が可能となりました。

キーとなる蘇生札の「アルタイル」を初動から使う場合は墓地肥やしの「ウヌク」キリビからの「アルタイル」で3体並べる事もできるようになりましたね。揃わない場合はやはり《天架ける星因士》での交換でしょうか。

「カゲトカゲ」や「オオルリ」といった展開補助を更に絡めるならばレベル4を4体並べる事もできそうです。なお手札消費(;^ω^)

気になるのは「増G」と「手札消費」

懸念材料としては《キリビ・レディ》自身の特殊召喚もチェーンに乗るので《増殖するG》がクリティカルな要素になる事ですね…《墓穴の指名者》などでケアは必須かと思われます。

それと手札の消費が激しい事、展開できる分仕方がないトレードオフな部分ではあるのですが、手札消費と上手く付き合えるデッキ構築が求められそうです。ドローソースの搭載やサーチ札を蘇生する手段をちょっと多めに用意しておくとかですかねぇ。

今回は紹介しませんでしたがアド稼ぎ性能ピカイチな【剛鬼】だと手札消費を気にせず扱えそうです。

コメント