【禁止改訂】リミットレギュレーション2020.10を考える

あと半月もするとリミットレギュレーション2020.10が発表されそうですねぇ。

個人的に思っている事を書き出していきます、個人の感想なので結構アレです偏った目線になるかもしれませんが(;・∀・)

大体でみると突出して大暴れしているカードが無くOCGとしては落ち着いているので緩和の方向でいいかなぁ、とも思ってます。

スポンサーリンク

強力な対処札で逃げ切れるか?「ドラグーン」落ち着いたから許される?「ギルス」

「ドラグーン」このカードにまつわる殆どのカードが制限カードに送られています。

アクセス手段である「アナコンダ」も制限で耐性などが無いので止めやすく、止まると機能不全になるのでそこはまぁ良いのかなって思いはあります。

ただ1度出てしまうとやっぱり非常にお強いですねぇ(;・∀・)

【真紅眼】デッキだと蘇生手段を豊富に備えてるので個人的に厄介な思い出があります。

しかし《禁じられた一滴》や《三戦の才》など対制圧モンスターカードが増え、採用率も非常に高いので許される可能性は結構あると思われます。

むしろこの2枚が遊戯王OCGの妨害を定義するほどに強いですね…特に「一滴」は殆どのモンスターへの回答札になりますからねぇ。

発表当初ただでさえ強い【オルフェゴール】にコレ渡しちゃうのか!?禁止前提!と言われていたカード。

実際超強いですね、単体性能が高すぎます。

1枚で墓地肥やしからのリンク2やレベル4シンクロが可能、更に相手フィールドにもトークンを生成して《夢幻泡影》をケアする…

《終末の騎士》《ダーク・グレファー》更には《星杯の神子イヴ》などが規制されていてこのカードが規制されないのはいかがな物かな?とは思います。

ただこのカードを規制するなら「終末」「ダグレ」のどっちかは緩和して欲しいって気持ちがありますねぇ…【オルフェゴール】として考えるなら《スクラップ・リサイクラー》が居ますねぇ。

11期に現れた超新星【ドラグマ】と10期最後の星【エルドリッチ】

次に気になるのはやはりこの2テーマ。

【ドラグマ】は「召喚獣」や「シャドール」を取り込み現在環境トップの座に輝いております。

「召喚獣」「シャドール」による制圧力の高さ、EX墓地送りによる「ヌトス」での破壊&相手のEXデッキ破壊と戦法そのものが強いシステムになっています。

規制するなら《天底の使徒》が最有力との予想が一番大きいですね、サーチ手段が無いので制限などになると一気に安定率が下がりそうです。

ただ【ドラグマ】自体が背景ストーリーテーマなので新規の供給が安定してそうですね、それ故に規制が必要ですかねぇ。

そして【エルドリッチ】《スキルドレイン》などメタカードを非常に上手く使えるテーマで結構なエグさがあり、上述の【ドラグマ】が頭角を表すまでは環境トップ候補の1つでした。

【エルドリッチ】も新規がありそうなテーマですねぇ、規制するなら《呪われしエルドランド》ですかね?《黄金卿エルドリッチ》を規制するのもありますが、規制の加減が難しそうですねぇ…

コメント