【リミットレギュレーション2021.1】内容をぶらり感想「V.F.D.」は規制してほしかった

遊戯王OCG2021年1月の「リミットレギュレーション」が公表されました。

内容としては毎度ながら様々な意見がでそうですねぇ。《ファイアウォール・ドラゴン》がエラッタでの緩和となり、これには喜ぶ方が非常に多いかと思われます。

個人的に予想でも挙がっていた「V.F.D.」や「マジックテンペスター」がノータッチがいいのか大丈夫なのか?って感じはしますが、やはり環境の占有率がとても高い訳ではないからでしょうかねぇ(;・∀・)

「V.F.D.」については使って使われる個人的な環境での話なのですかねぇ?

スポンサーリンク

『リミットレギュレーション2021.1』「パンクラ」規制が悲しく「デスガイド」緩和が嬉しく環境は動くか?

禁止カード

《トーチ・ゴーレム》

《トーチ・ゴーレム》が禁止カードに、エラッタ緩和される《ファイアウォール・ドラゴン》やいつ暴れだしてもおかしくないという判断からの禁止でしょうか。

制限カード

《ダイナレスラー・パンクラトプス》
《天底の使徒》
《レッド・リブート》
《ファイアウォール・ドラゴン》(エラッタ)

ワンショットキルを押し通す為のお供だった《レッド・リブート》が制限に、制限だとかなり厳しい感じがしますね…(;・∀・)

《天底の使徒》については妥当かなぁと。ただサーチできないカードなので利便性は激しく下がりそうです。これからの【ドラグマ】関連デッキの動向がどうなるか、ですね。《ドラグマ・パニッシュメント》が健在なのでまだまだ強そうですが。

《ダイナレスラー・パンクラトプス》(泣)とてつもない便利屋で大好きなカードですがとうとう制限に(ノД`)大会でもサイドの常連でしたからね…これは個人的にかなり痛いです…

そしてエラッタされて帰ってくる《ファイアウォール・ドラゴン》『プリズマティックアートコレクション』にエラッタ版が封入されるようです。エラッタ内容も丁度良い塩梅ですし、何より要求素材がエラッタされず緩いままなので扱いやすそうですな。

準制限カード

《ジャンク・スピーダー》
《ゼンマイマジシャン》
《氷結界の虎王 ドゥローレン》
《呪われしエルドランド》
《暴走魔法陣》

《ジャンク・スピーダー》や《ゼンマイマジシャン》は採用枚数的にも緩和して問題無さそうな感じがしますので妥当かと。

「ドゥローレン」は氷結界ストラクでエラッタがあったので緩和は予想通りといったところです。

そして【エルドリッチ】に遂にメスが入り《呪われしエルドランド》が準制限カードとなりました。テーマから1枚準制限というやんわりした規制なので【エルドリッチ】が衰退はしないかなぁと思いますが。

規制が囁かれていた【召喚獣】からは《暴走魔法陣》が規制され、アクセス札が1枚減る形となっております。

制限解除

《ダーク・グレファー》
《魔界発現世行きデスガイド》
《化石調査》

【オルフェゴール】にガッツリ規制が入った事で《ダーク・グレファー》が無制限に、納得です。

そして嬉しい「デスガイド」さんが無制限に、規制と緩和を行ったり来たりしてる彼女ですが今回は長く無制限でいてほしいものです。

【恐竜】からはサーチカードの《化石調査》が緩和。「オヴィラプター」が制限ですし許されつつある模様です。

コメント