遊戯王買取相場情報・安定の「オオヒメの御巫」高騰傾向の「銀河眼」

スポンサーリンク
No.90 銀河眼の光子卿

買取相場情報、リミットレギュレーション改訂にて色々ありましたが、騰がってくるカードも色々ありますねぇ。

スポンサーリンク

「御巫」全体的に落ち着くが出張できる「オオヒメ」は安定

オオヒメの御巫

「ハレ」や「ニニ」は400~500円買取と落ち着いている傾向にありますね。

しかし御巫出張セットのキーとなる《オオヒメの御巫》は初動よりちょっと高い辺りをずっとキープしてウルトラ900円、シク1400円の水準になっています。

また次期環境でも活躍できそうな【ビーステッド】の中核となる《深淵の獣ルベリオン》も700円買取とじわじわ騰がっています、安い時は700円以内で買えてたレベルでしたがねぇ。

以前【クシャトリラ】登場時に話題になり高騰した「ディアブロシス」が新規発表の影響から再び高騰しています、ウルトラで買取が1700円になっています。

展開サポートとして使われている《雷仙神》も700円買取に、《クシャトリラ・ユニコーン》も少し騰がりました。

また銀河眼も新規が控えているので「銀河眼の光子卿」が1300円買取に「FA・フォトンドラゴン」が1800円買取になっています。

相場としてはやはり「フォトン・ハイパー・ノヴァ」に向いている印象を受けますね。

コメント