制限だけどまだ使える《魔鍾洞》ヘイトはバツグンだ!魔法版「V.F.D.」っぽい

発売当初は評価されておらず、ネットや大会結果でその強烈な封殺力から一気に流行したカード、その名も《魔鍾洞》

ロック能力が高く、よりにもよってフィールド魔法というカード種類によってサーチしやすく《メタバース》で相手ターンに発動もでき大暴れしました。

禁止も囁かれましたが現在は制限カードにて落ち着いております。

私も1度だけ無制限時代に対戦した事がありますがかなり苦しかった思い出が…(;・∀・)

スポンサーリンク

モンスター効果の発動と攻撃をロック!アレ?魔法版「V.F.D.」

《魔鍾洞》

フィールド魔法
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合、相手はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(2):自分フィールドのモンスターの数が相手フィールドのモンスターより多い場合、自分はモンスターの効果を発動できず、攻撃宣言もできない。
(3):自分・相手のエンドフェイズに、お互いのフィールドのモンスターの数が同じ場合に発動する。
このカードを破壊する。

モンスターの数が多い方のプレイヤーにモンスター効果の発動攻撃宣言を封じるという効果。

モンスターの数が同数一致すると効果は無くなり、そのままだとお互いのエンドフェイズに自壊する効果もあります。

モンスター効果の発動と攻撃を封じる…現在流行している《真竜皇V.F.D.》によく似ている効果ですねぇ。

「V.F.D.」と違いこちらはフィールド魔法なので除去されると効果は残存せず適用されなくなります。

今でも時間稼ぎとして有用かもしれない

制限カードで自壊効果もあり維持したり新しく張ったりして戦う戦法こそ無理ですが、今でも枚数で押されている場合に発動すれば時間稼ぎとして十分機能しそうな気もしますね(*’ω’*)

大量展開をしないデッキとなら尚相性良しって感じがします。また相手ターンに展開要素を持ったデッキもコントロールしやすいので良さそう。

【閃刀姫】や【オルターガイスト】と無制限時代の頃に相性が良かったデッキにはやはり採用しやすそうですね。

また【恐竜】といった少数の大型をドン!と出すデッキでも上手く機能しそうです(*’ω’*)

とにかく非展開型のデッキにメタ要素の1つとして使えそうです。ロックが強烈なのと無制限の頃のイメージがあるのでフリーで使う場合は環境などを考えてご計画的に…(;^ω^)

コメント