新たなるメタ札《人攻智能ME-PSY-YA》除外もできるサーチもできる!

『ドーン・オブ・マジェスティ』に収録される新規カード《人攻智能ME-PSY-YA》について。

汎用性が非常に高いペンデュラムモンスター。いやむしろP効果だけを狙ってサイドデッキに採用されてもおかしくないレベルの性能ですな。

かなり攻めているデザインですねぇ。環境を見越して産み出された感じが伝わってきますよー。

Pゾーンに置くだけで魔法・罠は除外されてしまう

《人攻智能ME-PSY-YA(じんこうちのうメサイヤ)》

ペンデュラム・効果モンスター
星8/光属性/サイバース族/攻2500/守3000
【Pスケール:青0/赤0】
(1):このカードがPソーンに存在する限り、モンスターカード以外のお互いの墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
【モンスター効果】
このカード名の(1)のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
このカード以外の手札のPモンスター1体または自分のPゾーンのカード1枚を選んで持ち主のEXデッキに表側表示で加え、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、他のモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターはこのターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

レベル8のサイバース族Pモンスターと中々レアだぜ、なステータス。

Pスケールが0というのもPデッキでは非常に強みとなりそうですね。

Pスケール効果は脅威とも言えるメタ効果となっておりお互いにモンスターカード以外は墓地へ行く代わりに除外されるという物。《次元の裂け目》の魔法・罠版ですね。

除外となるのは「モンスターカード」以外なので装備状態やPスケールのモンスターカードは保護されます。

最近の環境デッキでは【ドライトロン】【エルドリッチ】【幻影騎士団】【電脳堺】と墓地の魔法・罠を利用するデッキが非常に多いのでそれらに対する回答と言うべきでしょうか。

【ウィッチクラフト】【閃刀姫】にもとんでもなく刺さりますねコレは…危険が危ない(錯乱)

モンスターとして運用する場合

モンスターとして特殊召喚する場合は手札・PゾーンのカードをEXデッキに加えて特殊召喚。

条件は非常に緩いですね。守備3000もあるので結構な壁となってくますねぇ。

さらに他のモンスターが召喚・特殊召喚されるとそのモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られます。これも中々にエグい…

《フォーマッド・スキッパー》や《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》からアクセス可能

《フォーマッド・スキッパー》
効果モンスター
星1/光属性/サイバース族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。
このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

最上級サイバース族という事によりこのカードでサーチが可能。これは【転生炎獣】【コード・トーカー】といったデッキに追い風になってくれそうだねぇ。

またペンデュラムモンスターなので《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》からアクセスが可能《灰流うらら》に引っかからない方法なのも強み。

《ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム》
リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/サイキック族/攻1800
【リンクマーカー:左下/右下】
Pモンスター2体
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからPモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。
(2):1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分のEXデッキから表側表示のPモンスター1体を手札に加える。
(3):自分のPゾーンのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

Pデッキ全般でも上手に扱えそうですね。こういったメタ札に自然とアクセスできるのは非常に強みとなりそうですね。

いやぁ環境のサイドに新たな旋風が起きそうな予感がします…!

コメント