4月からの環境どうなっていくかメタ読みが試される

公式イベント再開に加えて新制限での環境がスタート。

私もランキングデュエルには出来るだけ出ようと思っています。

しかしまだまだ環境初期。メタが定まっていないのが実情、4月の「ドーン・オブ・マジェスティ」で更に動く可能性もあります。

スポンサーリンク

21.4.1環境初期は【トライブリゲード】と【十二獣】とケモノ環境

【ドライトロン】と【電脳堺】の落ち込みと【鉄獣戦線】と【十二獣】の躍進が目立つ形となった今環境初期。メタゲームの解明にはまだ時間がかかると思いますが【鉄獣戦線】がここまで伸びるのは当初予想できた人は少なかったのではないでしょうか。

上位2デッキの混合型である【鉄獣十二獣】も環境に存在します。

一方安定したポジションについているのは【シャドール】と【エルドリッチ】次いで【幻影騎士団】と【オルフェゴール】なっております。

【シャドール】は召喚獣型があり【オルフェゴール】には最新型として溟界型がありますな【召喚獣シャドール】はメジャーですが【溟界オルフェゴール】は個人的に注目しているデッキなので今後の動向が気になる所です。

【エルドリッチ】は安定した除去能力・メタカード張り【幻影騎士団】には展開力と《幻影霧剣》による妨害、アークリベリオンという必殺カードが存在しますね。

今後の流行・サイドデッキのキーは「除外」

とにかく「除外」がキーワードになっている環境かと見受けられます。

実際私が先日出場したランキングデュエルでもアーティファクトロンギヌスはとても活躍しました。

除外するメタの他には墓地メタですね比較的メタる手段が多く【鉄獣戦線】では使用後もシナジーがあるD.D.クロウがメインから入っております。

その他手札誘発からはPSYフレームギアγが人気となっております。

環境は盤面以外からの妨害と継続したリソースの確保が焦点となっている印象を受けますね。

個人的に【アダマシア】も良い立ち位置かと思います。それと【ドラゴンメイド】も中々イケるんじゃないかなぁとか。

コメント