《アンデットワールド》《王家の眠る谷-ネクロバレー》特定デッキにぶっ刺さるフィールド魔法

自分のデッキと相性が良いから…そんな感じで投入したら予想外に相手にぶっ刺さってイージーWinしちゃったりするフィールド魔法の紹介。

昔からあるカードですし刺さっちゃったor刺しちゃった思い出がある方も多いのではないでしょうか。

私もこれらは刺しつ刺されつな思い出がありますよ(;^ω^)

スポンサーリンク

みんなアンデット化で種族シナジーが途絶える通称「アンワ」

《アンデットワールド》
フィールド魔法
(1):フィールドの表側表示モンスター及び墓地のモンスターは全てアンデット族になる。
(2):お互いはアンデット族モンスターしかアドバンス召喚できない。

シンプルなテキスト。フィールドだけではなく墓地までも種族を変更してしまうフィールド魔法。

以前は《ゾンビ・マスター》で相手の墓地からも釣り上げる為に使用されたりしたカード。現在では《死霊王 ドーハスーラ》と言うとても相性の良いカードがあり、セットで使われています。

効果モンスター
星8/闇属性/アンデット族/攻2800/守2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。
以下の効果から1つを選んで適用する。
このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。
●その効果を無効にする。
●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。
(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。
このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

フィールド&墓地をアンデット族にしてしまうのは昨今の種族テーマにぶっ刺さりますねぇ。

《復活の福音》や「レダメ」でドラゴン族を参照するドラゴンデッキでは天敵とも言えます。他にもサイバース族はリンクモンスター素材にサイバース指定があったり、他のデッキでも融合素材などetcぶっ刺さる要素が沢山ありますね。

またアドバンス召喚にも制限が付くのでサラリと【帝】や【真竜】などのアドバンス召喚デッキもキツ!ってなります…

墓地除外・墓地へ及ぶ効果をシャットアウト!「ネクロバレー」

《王家の眠る谷-ネクロバレー》
フィールド魔法
(1):フィールドの「墓守」モンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、お互いに墓地のカードを除外できず、墓地のカードへ及ぶ効果は無効化され、適用されない。

元々は【墓守】のカード、お互いに墓地から除外できず墓地に触る効果を無効・効果適用もされなくなります。

奇しくも前述の《アンデットワールド》に抵抗する効果、ネクロバレー影響下では墓地だけではなくフィールドのモンスターも元々の種族になる裁定となっています。

墓地に介入されたくないデッキとの相性が良く、そして相手に刺さる可能性を大いに秘めたカード。

蘇生・サルベージは勿論、墓地のカードに及ぶ効果は全て無効に。

こちらが墓地除外されたくない場合に防御として働き、相手が除外をコストなどにしようとするのを封じる…噛み合うデッキでは非常に大きな優位性を保つ事ができます。

目立つ採用デッキとしては【エンディミオン】【真竜】が見受けられます。除外ツライですからね。

こういった結果的に攻めてるデザインになったフィールド魔法はなんとも遊戯王って感じがしますなぁ。

カード
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント