スポンサーリンク

「ヌメロン」EXデッキに依存しないデッキの新たなる出張になるか

「冥闇のデュエリスト編」が発売されましたねぇ。非常にクセが強い!ってパックになってますね。

それはさておき、今回は「コレクションパック2020」に収録される「ヌメロン」についてです。

「ヌメロン・ネットワーク」「ヌメロン・ダイレクト」の2枚で「ホープ・ゼアル」や「メガトンケイル」といった穏やかな話しじゃないな…ってカードです。

EXデッキに依存しないデッキに出張しそうってお話です。

スポンサーリンク

各メインデッキで戦うデッキのお供になり得るか

《ヌメロン・ネットワーク》

フィールド魔法
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに、発動条件を満たしている「ヌメロン」通常魔法カード1枚を
デッキから墓地へ送って発動できる。
この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「ヌメロン」XモンスターがX素材を取り除いて効果を発動する場合、
X素材を取り除かずに発動する事もできる。

《ヌメロン・ダイレクト》

通常魔法
(1):自分のフィールドゾーンに「ヌメロン・ネットワーク」が存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合に発動できる。
EXデッキから「ゲート・オブ・ヌメロン」Xモンスターを4体まで特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに除外される。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は1回しかモンスターを召喚・特殊召喚できない。

4体のエクシーズモンスターを展開する驚愕の効果。

発動後は1回しか召喚・特殊召喚できなくなりますが、相手ターンに展開できたりするデッキとは好相性ですねぇ。

出張としてはメインに「ネットワーク」が3枚、「ダイレクト」が2枚くらいですかねぇ、EXは「ゲート・オブ・ヌメロン」計4枚と「ホープ・ゼアル」「メガトンケイル」で5~6枠くらいですな。

EXデッキをかなり食うのでやはり出張はEXデッキをあまり使わないデッキ向けですねぇ。

【ジェネレイド】や【エルドリッチ】そして「ドラグーン」

最近登場したデッキでパッと思い浮かぶのがこの2つ&「ドラグーン」を添える、ですかね。

【ジェネレイド】は「ロプトル」によって相手ターンに「王」を特殊召喚できますし、なんなら自分ターンに《失楽の魔女》を召喚して「禁じられた」カードをサーチしといて妨害を構える事も可能ですね。

相手ターンに「ロプトル」から他の「王」へ七変化ですわ(*´ω`*)この動きの横に「ホープ・ゼアル」居るんスよね…(;^ω^)

それと新進気鋭の【エルドリッチ】6月からイベントも再開されていよいよ本気で参戦してきそうなデッキですな。

基本的に自分ターンはそのまま《黄金卿エルドリッチ》をPON!と出すくらいなので1回のみの召喚も気になりませんね。他は罠モンスターですし。

「エリクシル」で相手ターンに蘇生する事もできますしねぇ、相性良すぎかと。

そして「ドラグーン」ですな…融合召喚なので1回の特殊召喚、しかし「アナコンダ」を経由できないので制限カードである《真紅眼融合》を素引きしておかないといけないので中々難易度は高いかと思われます。

メインに枠があればフィールド魔法サーチも

《惑星探査車(プラネット・パスファインダー)》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

テキストがシンプルな程強い…リリースして発動なのでフィールドに残らず《ヌメロン・ダイレクト》の邪魔をしません。

この為に産まれてきたのかと思うぐらい相性が良いですねぇ。

後は鉄板の《テラ・フォーミング》や即効性はありませんが《メタバース》などですかねぇ。

出張の場合、メインで戦うデッキに採用する事になると思うので枠とは要相談ですな。

カード
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいてます。よろしければフォローよろしくです!
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント

  1. 安心院 より:

    蟲惑魔とかもワンチャン先行だったら行けるかもしれません