《シンクロ・オーバーテイク》シンクロ版《融合派兵》的な効果・今後多く素材指定が来る?

『ドーン・オブ・マジェスティ』にて登場する新規カード《シンクロ・オーバーテイク》

シンクロ版の《融合派兵》の様な効果ですがチマチマと違うポイントがあるのでそこを含めて考察していこうと思います。

スポンサーリンク

シンクロ縛り発生の代わりに墓地にも対応

《シンクロ・オーバーテイク》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):EXデッキのSモンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されているS素材モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選び、手札に加えるか特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

素材に特定カードを要求される場合に便利なカード。

当然見せる為に素材指定のシンクロモンスターをEXデッキに入れておく必要がありますので対応チューナーを汎用として別途使用際にはEX枠と相談する必要があります。

《融合派兵》との違い

《融合派兵》は手札・デッキの対応ですが、こちらはデッキ・墓地になっております。《融合派兵》の場合融合は手札にても素材にできる事のが多くて手札対応の出番は少なかったかと(それでもフィールド参照融合はありますけどね)

また効果を無効にしないで特殊召喚なので効果がある場合は問題なく使用が可能。

また特殊召喚以外にも手札に加える事が出来るようになっています、通常召喚によって効果を使いたい《深海のディーヴァ》や《ジャンク・シンクロン》などを効果を使いながら運用する事もできる器用さがありますね。

発生する制約は《融合派兵》がEXデッキからのみの特殊召喚ですが、こちらはSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できないと派兵より重めの制約が発生し、ハリファイバーなどを出せないのに注意。

出したいモンスター《スターダスト・ドラゴン》《レッド・デーモンズ・ドラゴン》蘇生できる

素材指定があるシンクロはあまり多くなく大分限られてきます。

有名所では《ゾンビキャリア》や《ジェネクス・コントローラー》に対応モンスターが多いですね自己蘇生もできる《ゾンビキャリア》をリクルートできるのは便利そうですねぇ。

それと《ジャンク・シンクロン》ですね、墓地対応なので《ジャンク・シンクロン》の採用枚数を減らしたり蘇生・サルベージが簡単になりますね。

そしてVジャンプの付録となる《深海のコレペティ》には《深海のディーヴァ》が指定されており、アクセス手段を手に入れる事ができました。コレ狙いましたね!?

また同パック収録カテゴリの「セイヴァースター」に対応する《救世竜 セイヴァー・ドラゴン》と墓地にてその同名として扱う《想い集いし竜》がありますね。

また墓地からの対応のみとなりますが《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》や《シューティング・スター・ドラゴン》がそれぞれ《レッド・デーモンズ・ドラゴン》《スターダスト・ドラゴン》を要求素材にしているので対応。

このカードが出るという事は今後素材指定シンクロが増えていくかもしれませんね。

コメント