《超重禽属コカトリウム》の効果判明、大いに可能性を持ってますね

スポンサーリンク

7月21日(火)発売のVジャンプ9月号の付属カード《超重禽属コカトリウム》の効果が判明しました。

「獣・獣戦士・鳥獣族」と幅広い種族のサポートモンスターです。

スポンサーリンク

オンリーワンな効果と範囲の広さで将来性が高い

《超重禽属コカトリウム》

効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1300/守 900
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、自分フィールドの獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):デッキからレベル4以下の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を除外して発動できる。
エンドフェイズまで、このカードは除外したモンスターと同名カードとして扱い、同じ種族・属性・レベルになる。

墓地からの特殊召喚に対応してるのが良いですね。

範囲も「獣・獣戦士・鳥獣」と広いです。除外したモンスターの「名前」「種族」「属性」「レベル」とコピーできる値も多めなオンリーワン効果ですなぁ。

何気にトークンリリースでも特殊召喚できるんですね(ΦωΦ)

現状での用途

【ドラグニティ】ストラクとの連動での収録ですが、現状【ドラグニティ】とではそれほど?って感じですがストラクの新規次第ですかねぇ。

【十二獣】では「名前」のコピーにより【十二獣】エクシーズモンスターの素材として活用できます。出張性が高く、規制されているカードも多いのでかさ増しとして使えそうな感じもします。

【RR】ではリリースにより「ファジー・レイニアス」や「ミミクリー・レイニアス」を墓地へ送りつつエクシーズできますが、除外が重いのと普通にエクシーズも容易なので怪しいですね…枠もカツカツですし…

個人的に【BF】だとチューナー・非チューナーを交換できレベル調整も可能で「アウステル」により除外もケアできるので良いかも?「ゼピュロス」とも相性が良さそうです。このカードを素材として「フォース・ストリクス」を出しておけば「コカトリウム」も除外されませんしね。

あと面白そうなのが《レスキューラビット》を除外して「リヴァイエール」で帰還を狙うのも楽しそうです。「コカトリウム」がレベル変動できるのでランク3を狙いやすいですしね。

なにはともあれ可能性を感じるので3冊ですな!(*´ω`*)

コメント