スポンサーリンク

次期環境どうなるのかな?自分なりに考える

「ドラグーン」の禁止も少し落ち着きましたね。「ホープゼアル」の方はあまり声を聞きませんが(;・∀・)

「ドラグーン」はもうちょっと自重した強さなら禁止にならず【真紅眼】や【ブラック・マジシャン】でエースとして愛されていただろうと思うと非常に惜しい事をしたなぁとも思います。

スポンサーリンク

ガリガリに痩せ細った【オルフェゴール】

環境に存在はしますが勢力を弱めていた【オルフェゴール】「ギルス」の制限にてデッキリストは非常に痩せ細っています。

継戦能力の高さが売りで私はオルフェから離れては組み直しを繰り返した切っても切れないデッキです。

今度、新制限で回してみるつもりですが流石にデッキレシピの時点でリソースや初動がかなり怪しくなっている感は否めません(-_-;)

何か相性の良い汎用でも来てくれればなぁ…とか都合の良い事も頭によぎります。

流星の如く【ドライトロン】

発売されると前評判より全然強力で早速大会でも結果を残した【ドライトロン】

高打点に加えてテーマ専用の召喚・特殊召喚を無効にする罠と防御力も高いです。

また扱いづらい分強烈な《アモルファクターP》を簡単に儀式召喚できたり「アーゼウス」に繋ぐ事もできるのでメタ・除去能力も高いですね。

またフィールド魔法の「ファフニール」でモンスターのレベルを下げる効果もありシンクロ・エクシーズデッキに対しても強く出ることができます。

這い上がってきた【十二獣】は1枚エクシーズ&「ドランシア」があるのでなんとか耐えれそうな感じはありますね。

ノータッチ【エルドリッチ】

規制を免れた【エルドリッチ】「墓穴」が準制限になり苦手汎用カードが1枚減ったのも追い風となりそうです。

《スキルドレイン》を上手に使い、メインデッキのモンスターで打点が高いので現在以上に環境の一角を担えそうです。

《天底の使徒》のみ規制【ドラグマ】

《天底の使徒》が準制限と強めの規制がかかると思いきや大分甘めだった【ドラグマ】

出張勢である【シャドール】【召喚獣】も無傷なので今までとほぼ変わらないパワーかと思われます。

新規が控えていると思われるので更なるパワーアップか新規が控えめかで伸び代が変わりそう。

緩和どころか更に規制が怖い【十二獣】

「アーゼウス」などの汎用パーツで緩和も無い状態で環境復帰した【十二獣】流石にとんでもないパワーとしか言うしかありません(;^ω^)

必要最低限のパーツで回転しフリースロットの強みや「ドランシア」による睨みが強いのは相変わらず。「アーゼウス」が予想以上に強かったのもありますね(未来龍皇ホープも)

緩和どころか今後の活躍で「サラブレード」辺りを持っていかれそうな勢いです。

総合的に考えると

【エルドリッチ】【ドライトロン】が流行する様であれば魔法・罠に対して強く出れる構築が求められそうですねぇ。

どちらも放っておくとジリ貧になりかねない強力な永続やフィールド魔法があります。

コメント