【新カード考察】《神樹獣ハイペリュトン》新たなランク9の選択肢

「ブレイジング・ボルテックス」に収録される新しいランク9エクシーズモンスター《神樹獣ハイペリュトン》

そこそこな制圧効果持ちでランク9を扱うデッキに新しい選択肢と成りえそうですねぇ。

スポンサーリンク

【電脳堺】や【ジェレイド】更には【六花】でも

《神樹獣ハイペリュトン》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/地属性/植物族/攻2600/守1900
レベル9モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分ターンに、自分が魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、その効果と同じ種類(モンスター・魔法・罠)の自分の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
対象のカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
(2):相手ターンに、魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その効果と同じ種類(モンスター・魔法・罠)となるX素材をこのカードから1つ取り除き、
その発動を無効にし破壊する。

(1)と(2)の効果2つによって効果無効を構築するシステム。

自分ターンに発動した効果と同じ種類の墓地のカードをX素材にし、相手ターンに同じ種類のX素材を取り除きその発動を無効にして破壊。

無効効果は自分のターンでは発動できないので自分ターンに飛んでくる妨害には無力なのが中々辛いところですねぇ。

若干「メルカバー」系のコスト要求な制圧モンスターですが、X素材として持っていないといけないので魔法を止めたい場合はこのカードを召喚して魔法を発動する必要があります。また素材化は発動時なので発動する魔法と素材にする魔法それぞれが無いといけないのでハードルはそれなりにあります。

《六花聖ストレナエ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/水属性/植物族/攻2000/守2000
レベル4モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地の、植物族モンスター1体または「六花」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。
(2):X素材を持ったこのカードがリリースされた場合に発動できる。
自分のEXデッキ・墓地からランク5以上の植物族Xモンスター1体を選んで特殊召喚する。
その後、このカードをそのモンスターの下に重ねてX素材にできる。

また【六花】では植物族なのを活かして「ストレナエ」から特殊召喚できます。このカード自体も汎用なのでランク4とリリースを両立できるデッキならば扱えそうですね。

しかし《真竜皇V.F.D.》が強すぎる問題

《真竜皇V.F.D.》

エクシーズ・効果モンスター
ランク9/闇属性/幻竜族/攻3000/守3000
レベル9モンスター×2体以上
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、属性を1つ宣言して発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
●フィールドの表側表示モンスターは宣言した属性になり、宣言した属性の相手モンスターは攻撃できず、効果を発動できない。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の手札の「真竜」モンスターの効果で破壊するモンスターを相手フィールドからも選ぶ事ができる。

9期が産んだまさしくビースト。相手ターンでも発動できる「属性変更」と「効果発動」「攻撃」を封じる効果。

最近では【電脳堺】を相手にする時に頭を悩ませる方も多いかと思います。簡単に召喚できるデッキが出てくるとコイツは本当にヤバいですよねぇ…(;・∀・)

「ハイペリュトン」との違いは「魔法・罠」に関してはノータッチな所と破壊を伴わない事。対モンスターにおいては「V.F.D.」が強いです。ステータスも攻守3000なので守備で置くと突破は中々に困難です。

棲み分けが可能な効果の違いなのでランク9デッキではまず両方入れてみるのが良さそうですね(*’ω’*)

コメント