【戦華】ついに最強武将《戦華の叛-呂奉》登場|カード考察

「ブレイジング・ボルテックス」に前々から待望していた三国志テーマの【戦華】から最強武将・呂布奉先をモチーフにしたカード《戦華の叛-呂奉》が満を持して登場となります。

主に舞台となっていた「赤壁の戦い」から時代がズレている武将ではありますが、人気武将とあって登場は嬉しいですね(*’ω’*)

スポンサーリンク

裏切りの将・その性質はカードでも再現

《戦華の叛-呂奉》

特殊召喚・効果モンスター
星8/闇属性/獣戦士族/攻2800/守2200
このカードは通常召喚できない。
「戦華の叛-呂奉」は1ターンに1度、フィールドの「戦華」モンスターの内、攻撃力が一番高いモンスターが自分フィールドに存在する場合のみ特殊召喚できる。
(1):お互いのメインフェイズに1度、発動できる。
相手フィールドの攻撃力が一番高いモンスター1体を破壊する。
この効果を発動するターン、自分は「戦華」モンスター以外のモンスター効果を発動できない。
(2):エンドフェイズに、フィールドの攻撃力が一番高いモンスターが相手フィールドに存在する場合に発動する。
このコントロールを相手に移す。

闇属性と特異な属性を持つ「戦華」モンスター、特殊召喚モンスターになっており、通常召喚もできません。(最強武将?「曹徳」より攻撃力が低い…と言ってはいけない)

唯一の闇属性で「十万之矢」や「孫劉同盟」など複数属性を要求するカードの効果発動が楽になりますね。

召喚条件は「戦華」モンスター内で攻撃力が一番高いモンスターを自分がコントロールしている場合のみとなっております。

参照するのは「戦華」のみなのでミラーマッチ以外では非常に緩い条件となっていますねぇ。

(1)の効果はお互いのメインフェイズに発動可能な破壊効果、相手フィールドの1番攻撃力が高いモンスターを破壊してくれます。討ち取ったりー!って感じかな(*’ω’*)

対象も取らずお互いのターンで発動可能なので維持できれば強力な効果となってくれそうです。「戦華」モンスターのモンスター効果を発動できなくなる点には注意です。

(2)はエンドフェイズに一番攻撃力が高いモンスターのコントローラーへ行ってしまう効果。(1)の効果を見込んで維持したいですが、返しのターンでは寝返りそうなのでリンク素材などにするか悩ましいですね…さすが呂布、裏切りグセのある扱いにくい人材ってのが最高に再現されています。

「戦華」のカード効果は三国志を再現している物が多くいわゆるトップダウンデザインを取っていて三国志好きにはとても楽しいテーマです。

コメント