スポンサーリンク

ぼちぼち出てきた新ルール環境

リミットレギュレーション2020.4.1や新しいマスタールールの効果処理などが判明し、既に新改訂、新ルールでの大会が行われだしました。

今回はルール・改訂共に大変更なので環境初期がどうなっているか見ていきます。

衰えぬ勢い【閃刀姫】

新ルールだと相対的に少し減るかもとか思っていた【閃刀姫】ですが甘かったです。
莫大なアド源や【閃刀機関ーマルチロール】のチェーン不可による安全魔法発動、そして優れた対応力で新環境でも安定感のある鉄板デッキになりそうです。

いやしかし2年も環境に居続けるのは【魔術師】を彷彿とさせますねぇ

再び流行の兆し【サンダー・ドラゴン】

ここはある程度予想していました、《超雷龍ーサンダー・ドラゴン》こそ制限ですが回収手段も豊富で新ルールにより《雷神龍ーサンダー・ドラゴン》と同時展開も楽になってそうです。

《強欲で貪欲な壺》と《トポロジック・ゼロヴォス》による超打点ギミックを搭載している型もありますね。

《捕食植物ヴェルテ・アナコンダ》や《ネメシス・コリドー》等ギミック面での強化もあったのでこれからまた流行の兆しがありそうです。

ギルスが無傷だった【オルフェゴール】

ディヴェルこそ制限になってしまいましたが、ギルスが無傷なのでまだまだ一大勢力でありそうです。

パーツ制限でも出張現役「ドラグーン」

《真紅眼融合》が1発禁止かもと予想されていた「ドラグーン」ですが、禁止は特化型に使用されていた《儀式魔人リリーサー》のみで、その他は「ドラグーン」を含め制限に留まりました。

結果的に現時点だと「ドラグーン」出張セットは現役バリバリの様です。ただ制限化によりアナコンダや真紅眼融合が止められてしまった場合のリスクが大きくなりましたね。

《ドロドロゴン》ルートが残っていますが、シンクロモンスターなので出張性は下がってしまいそうです。

個人的に気になった【3軸デッキ】

【彼岸】や【幻影騎士団】もそうですが、3軸デッキは非常に展開力が高く《ジャンク・フォアード》や《サイコウィールダー》等の汎用パーツもかなり優秀ですねぇ。

【未開域】のレベル3であるツチノコとジャッカロープも非常に優秀。
また《魔界発現世行きデスガイド》も緩和され《クリッター》と合わせてアドを取っていけますねぇ(*´ω`*)

《ドラコネット》も緩和されているので《源竜星ーボウテンコウ》も再びです。

自由度が高く様々な召喚法が使えるので3軸はひとつデッキを作ろうかなぁ…

最後に

あ、やっぱり《灰流うらら》は3積みですよねーですよねぇ…

etc
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント