新規カード《森の聖獣 カルピポニカ》【ベアルクティ】ともシナジー

『ドーン・オブ・マジェスティ』収録の新規カード《森の聖獣 カルピポニカ》が判明。

久々の登場となる「森の聖獣」新規カード。

ステータスを活かして【ベアルクティ】でも採用できそうですね。

スポンサーリンク

手札コストなどにして特殊召喚・サーチ効果へ繋ぐ

《森の聖獣 カルピポニカ》
効果モンスター
星7/地属性/獣族/攻1000/守2600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札から墓地へ送られた場合、このカード以外の自分の墓地の獣族・獣戦士族・鳥獣族・昆虫族・植物族モンスターを
合計2体対象として発動できる(同じ種族は1体まで)。
そのモンスターをデッキに戻し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「森の聖獣 カルピポニカ」以外の「森の聖獣」モンスターまたは「森の聖霊」モンスター1体を手札に加える。

手札から墓地へ送られると対応した種族2体をデッキに戻して特殊召喚。

対応種族が5種類とトライブリゲードも真っ青な幅広さ。

召喚・特殊召喚時の効果として同名以外の「森の聖獣」か「森の聖霊」モンスターをサーチ。

《森の聖獣 ヴァレリフォーン》の蘇生効果に手札コストが要求されるのでそのコストにうってつけですが、デッキに戻すモンスターも必要なので墓地のモンスターの数には気を付けたい所。

デッキに戻す汎用対応種族ではトライブリゲードと同じく《D.D.クロウ》でかさ増しするのもアリかもですね。

【ベアルクティ】では共通効果で手札からリリースがあるので条件を満たすのが容易。レベルも7なのでその点もしっかりとシナジーしつつサーチ先として同じくレベル7の《森の聖獣 アルパカリブ》を持ってこればこのカードもコストとして活用が可能。

手札が枯れやすいベアルクティにとって有り難い選択肢のひとつとなってくれそうなカードですね。

また《森の聖獣 ヴァレリフォーン》や《子狸ぽんぽこ》を使用する型の【メルフィー】や獣族デッキでも活躍が見込めそうです。

新着情報
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント