【ヴァレット】大会に持ち込んでも悪く無さそう・新規に期待

個人的に大会に持っていってもある程度通用しそうと思っているデッキとして【ヴァレット】があります。

現在だと【ドラゴンリンク】が【ヴァレット】を骨組みにしていますからねぇ。【ヴァレット】として組んでも新規も来るし通用するかも?という気持ちがあります。

スポンサーリンク

新規での伸び代がどこまであるか

《ヴァレルロード・R・ドラゴン》

儀式・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
「ヘヴィ・トリガー」により降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない
(1):相手がモンスターを特殊召喚する際に発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。
その後、このカードまたは自分フィールドの「ヴァレット」モンスター1体を選んで破壊する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分の墓地の、「ヴァレル」モンスターまたは「ヴァレット」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドのカード1枚を選んで破壊し、対象のモンスターを手札に加える。

現在判明している新規は主に儀式召喚関連。安定性を考慮するとガチで使う場合入るかどうかは未知数ですが、SS無効は大きな武器となってくれるかもしれませんね。

儀式魔法の《ヘヴィ・トリガー》がエラく強いのでそっちも考慮するとポイントは高いかと。

《デュアルウィール・ドラゴン》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分の墓地のカード名が異なる「ヴァレット」モンスター2体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ラピッド・トリガー」または「ヘヴィ・トリガー」1枚を選んで手札に加える。

新闇属性ドラゴン。レベル8で特殊召喚効果を持たず、フィールドに出すには少々扱いにくさが否めません。

特筆すべきは墓地効果である《ラピッド・トリガー》か《ヘヴィ・トリガー》をサーチ・サルベージできる点、強いが安定しなかった融合モンスターである《ヴァレルロード・F・ドラゴン》の安定性向上は有り難いですねぇ。

《ヘヴィ・トリガー》

儀式魔法
「ヴァレルロード・R・ドラゴン」の降臨に必要。
(1):レベルの合計が8以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、またはリリースの代わりに自分の手札・フィールドの「ヴァレット」モンスターを破壊し、手札から「ヴァレルロード・R・ドラゴン」を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されず、EXデッキから特殊召喚されたモンスターが発動した効果を受けない。

儀式魔法。儀式モンスターの名称を指定しているので《儀式の下準備》に対応しております。お強い儀式魔法なので「儀式ヴァレット」ってのが成立するかも?

このカードで儀式するとEXから出たモンスターとの戦闘破壊耐性&発動した効果を受けないと強力な耐性を得る事ができます。

ドラゴン族サポートが手厚い

テーマとしての展開札として《クイック・リボルブ》や《リボルブート・セクター》が存在しますが、ドラゴン族なので汎用サポートが非常に豊富なのが強み。

《星遺物の守護竜》

永続魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時に、自分の墓地のレベル4以下のドラゴン族モンスター1体を対象にできる。
その場合、そのモンスターを手札に加えるか特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターの位置を、他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

下級ドラゴンの蘇生札。永続魔法なので《ヴァレット・トレーサー》や《ヴァレルロード・F・ドラゴン》の効果での破壊カードにも。

《竜の霊廟》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。
この効果で墓地へ送られたモンスターがドラゴン族の通常モンスターだった場合、さらにデッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る事ができる。

ドラゴン族用墓地肥やし。《デュアルウィール・ドラゴン》を落とすと素早く儀式の準備を整える事ができます。

Vジャンプ付録とまだ新規はある

Vジャンプ9月号には《アウトバースト・ドラゴン》と新規が付録カードに。

そしてパックにもまだまだ新規があると思うのでそこら辺にも期待を持てそうです。

コメント