【ピュアリィ】新テーマ各カード「デッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズ」

スポンサーリンク
ピュアリィ

遊戯王.jp」にて2022年8月20日(土)発売の「デッキビルドパック アメイジング・ディフェンダーズ」に収録される新規テーマ【ピュアリィ】の各カードが公開されました。

ランク2が主体のエクシーズテーマとなっています。

スポンサーリンク

素材を沢山搭載できるエクシーズモンスター

《ピュアリィ》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 100/守 100
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキの上からカードを3枚めくる。
その中から「ピュアリィ」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードを好きな順番でデッキの下に戻す。
(2):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札の「ピュアリィ」速攻魔法カード1枚を相手に見せ、そのカード名が記されたXモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いでEXデッキから特殊召喚し、見せたカードをそのXモンスターの下に重ねてX素材とする。

名前がテーマ名と全く同じく《ピュアリィ》ですね、名前通りキーとなるモンスターとなりそうです。

展開時に3枚デッキをめくっての魔法・罠を手札に加える効果、ヒット率としては普通に考えると低そうですがテーマ的にテーマ用速攻魔法を多く積む事になりそうなのでなんとかなりそうです。

また「ピュアリィ」速攻魔法を公開する事でそのカード名に対応するエクシーズモンスターをこのカードに重ねてエクシーズ召喚する事ができます。

公開したカードはそのまま素材とします。

《エピュアリィ・ハピネス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/光属性/天使族/攻2000/守 100
レベル2モンスター×2
(1):このカードが戦闘を行ったダメージステップ終了時に発動できる。
デッキから「ピュアリィ」カード1枚を手札に加える。
このカードが「ピュアリィ・ハッピーメモリー」をX素材としている場合、フィールドの表側表示モンスター1体を選んで攻撃力を半分にできる。
(2):自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を選んで持ち主の手札に戻す事ができる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

戦闘を行ったダメステ終了時に「ピュアリィ」カードをサーチ。

速攻魔法「ハッピーメモリー」を素材としていればモンスターの攻撃力を半分にする事ができるので戦闘面でも攻撃力4000までカバーできます。

また「ハッピーメモリー」は素材になっているとそのエクシーズモンスターに複数回攻撃が付与されるので2枚以上のサーチも行う事ができます、ターン1付いてないんだ…

「ピュアリィ」速攻魔法を発動すればそのカードをX素材とする事ができるので「ハッピーメモリー」を発動して素材化する事もできますね。

その後の処理で相手フィールドの魔法・罠をバウンス、1ターンに3回まで使用ができます。

《エピュアリィ・ビューティ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/水属性/天使族/攻1600/守1100
レベル2モンスター×2
(1):1ターンに1度、相手フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードが「ピュアリィ・プリティメモリー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、相手フィールドのモンスター1体を選んで表示形式を変更できる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

フィールドのモンスターの効果を無効化する素直な効果、速攻魔法「プリティメモリー」を素材としていれば相手ターンにも発動が可能となっています。

「ピュアリィ」速攻魔法に反応してそのカードを素材化し、相手モンスターの表示形式を変更、対象を取らないのが強みですね。

《エピュアリィ・プランプ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク2/地属性/天使族/攻 200/守2100
レベル2モンスター×2
(1):1ターンに1度、自分または相手の墓地の魔法・罠カードを合計2枚まで対象として発動できる。
そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
このカードが「ピュアリィ・デリシャスメモリー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):自分が「ピュアリィ」速攻魔法カードを発動した時に発動できる。
フィールドのそのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。
その後、フィールドのモンスター1体を選んでエンドフェイズまで除外できる。
この効果は1ターンに3度まで使用できる。

お互いの墓地から合計2枚まで魔法・罠をエクシーズ素材に、各「ピュアリィ」魔法で追加効果を得るもよし、相手の妨害に使うもよしですね。

速攻魔法「デリシャスメモリー」を素材にしていればこちらも相手ターンに発動可能に。

「ピュアリィ」速攻魔法に反応する効果はエンドフェイズまでフィールドのモンスターを除外。

《エクスピュアリィ・ハピネス》

エクシーズ・効果モンスター
ランク7/光属性/天使族/攻2500/守1100
レベル7モンスター×2
このカードはX素材を5つ以上持っている自分のランク2モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの全ての表側表示モンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
このカードがレベル1の「ピュアリィ」モンスターをX素材としている場合、この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(2):X素材を5つ以上持っているこのカードが戦闘を行う攻撃宣言時に発動する。
相手に1500ダメージを与える。

打って変わってランク7エクシーズモンスター。

素材が5つ以上あるランク2モンスターに重ねてX召喚する事も可能。

(1)の効果は相手フィールドの表側モンスター効果を全て無効かつレベル1「ピュアリィ」を素材にしているとチェーン不可と《冥王結界波》みたいな効果を持っています、《冥王結界波》と違い魔法・罠でもチェーン不可でダメージ0になるデメリットも無いので実質上位。

素材を5つ以上持っていれば攻撃宣言時に1500のバーンダメージを与えます。

魔法・罠カード・速攻魔法で付加効果と素材を稼ごう

《ストレイ・ピュアリィ・ストリート》

フィールド魔法
(1):自分フィールドの「ピュアリィ」モンスターは特殊召喚されたターンには相手の効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「ピュアリィ」Xモンスターが相手によってフィールドから離れた場合に発動する。
自分のデッキ・墓地からレベル1の「ピュアリィ」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):お互いのエンドフェイズに、フィールドの「ピュアリィ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ピュアリィ」速攻魔法カード1枚を選び、そのモンスターの下に重ねてX素材とする。

重要なカードとなりそうなフィールド魔法。

「ピュアリィ」モンスターが特殊召喚されたターンは相手効果の対象にならない耐性を付与、各種妨害から守りある程度安全に効果を通せますね。

「ピュアリィ」エクシーズモンスターが相手によってフィールドから離れればレベル1「ピュアリィ」をリクルートするか蘇生、ここからまた新たなエクシーズを展開していけそうです。

お互いのエンドフェイズに「ピュアリィ」速攻魔法をデッキ・墓地から素材化。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

現代らしいなんともてんこ盛りなフィールド魔法ですね。

《ピュアリィ・デリシャスメモリー》

速攻魔法
(1):フィールドのモンスター1体を選び、そのモンスターは次のターンの終了時まで戦闘では破壊されない。
さらに、以下の効果を適用できる。
●自分の手札を1枚選んで捨て、デッキからレベル1の「ピュアリィ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードを素材として持っている「ピュアリィ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードの攻撃力・守備力は、このカードのX素材の数×300アップする。

モンスターに戦闘破壊耐性を付与してから更に手札を1枚捨てればレベル1「ピュアリィ」をリクルート。

また素材となっていれば「ピュアリィ」Xモンスターに攻守が素材×300パンプアップする効果を付与。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

戦闘向けの速攻魔法となっていますね。

《ピュアリィ・ハッピーメモリー》

速攻魔法
(1):フィールドのカード1枚を選び、そのカードは次のターンの終了時まで1度だけ効果では破壊されない。
さらに、以下の効果を適用できる。
●自分の手札を1枚選んで捨て、デッキからレベル1の「ピュアリィ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードを素材として持っている「ピュアリィ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●このカードは、このカードがX素材として持っている「ピュアリィ・ハッピーメモリー」の数+1回まで1度のバトルフェイズ中にモンスターに攻撃できる。

こちらは効果破壊耐性とレベル1「ピュアリィ」リクルート。

素材としている「ハッピーメモリー」の数+1回モンスターに攻撃できるので3枚「ハッピーメモリー」を装備していればモンスターに4回攻撃ですな。

《ピュアリィ・プリティメモリー》

速攻魔法
(1):お互いは1000LP回復する。
さらに、以下の効果を適用できる。
●自分の手札を1枚選んで捨て、デッキからレベル1の「ピュアリィ」モンスター1体を特殊召喚する。
(2):このカードを素材として持っている「ピュアリィ」Xモンスターは以下の効果を得る。
●1ターンに1度、このカード以外の自分フィールドのカード1枚を墓地へ送り、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードをこのカードの下に重ねてX素材とする。

お互いに1000LPを回復、ちょっとゆっくりしようや的な効果ですかね。

自分フィールドのカードを墓地へ送り、相手フィールドのカードをエクシーズ素材にする効果を付与、コストこそ必要ですが魔法・罠も取れる「アークナイト」と考えると結構有用そうですね。

《ピュアリィ・マイフレンド》

永続魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):500LPを払って発動できる。
デッキから「ピュアリィ・マイフレンド」以外の「ピュアリィ」カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
その1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。
(2):自分フィールドの表側表示の「ピュアリィ」Xモンスターが相手によってフィールドから離れた場合に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
自分の墓地から「ピュアリィ」速攻魔法カードを3枚まで選んで手札に加える(同名カードは1枚まで)。

こちらは永続魔法。

久々に見る気がするデッキから3枚選んで相手がランダムに選んで手札に加える効果。

「ピュアリィ」エクシーズモンスターが相手によってフィールドから離れると墓地から「ピュアリィ」速攻魔法3枚までサルベージ、凄まじいアドバンテージをもたらす効果ですね。

《ピュアリィープ!?》

通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分フィールドの「ピュアリィ」Xモンスター1体を対象として発動できる。
その自分のモンスターとはランクが異なる「ピュアリィ」Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いでEXデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは次のターンのエンドフェイズに持ち主のEXデッキに戻る。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の「ピュアリィ」モンスターを3体まで対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻す。

罠カード、ランクの異なる「ピュアリィ」エクシーズモンスターを重ねてエクシーズする効果、次のターンのエンドフェイズにEXデッキに戻ります。

現状《エクスピュアリィ・ハピネス》を出す為用になっていますね。

墓地から除外する事で「ピュアリィ」モンスターを3枚デッキに戻します。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

これは多素材「アーゼウス」先生が出てくるテーマや…

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)

コメント