正式に帰ってきた《ファイアウォール・ドラゴン》

エラッタされ正式には元旦に制限カードとして復活した《ファイアウォール・ドラゴン》

エラッタ後のテキストは最初からこれにしておけば…と思えますが、それくらいエラッタ後はしっくりきているとも言えますね。

帰ってきたこのカードがどこまで使われるか研究が始まりそうです。

やはり本命は【コード・トーカー】か

登場作品の主人公が扱う【コード・トーカー】デッキがやはり相性が良さそうです。

サイバース族主体なので「FWD」の特殊召喚効果も無理なく扱えますね、特にサーチカードである《レディ・デバッガー》は特殊召喚でもサーチを発動できるのでアドバンテージを稼ぐのにもってこいかと。

また手札に来たり余ってしまった《パラレルエクシード》を特殊召喚する事も可能、出張性が高いカードなのでEXデッキに空きがあれば「FWD」とセットで運用するのもアリかと思われます。

【イビルツイン】とも相性良し

【イビルツイン】では特殊召喚効果で「キスキル」「リィラ」を特殊召喚する事で盤面を整えやすくなります。

「FWD」を作る素材として《サイバース・ガジェット》や《パラレルエクシード》といった展開能力を持ったサイバース族モンスターを活用するのが良さそうですね。

また伝統の《スケープ・ゴート》から1枚で「FWD」を召喚可能ですね。

《セキュリティ・ドラゴン》と2重バウンス再び

相互リンク状態だと相手モンスターをバウンスできる《セキュリティ・ドラゴン》とフリーチェーンで相互リンクの数までフィールド・墓地のカードをバウンスする《ファイアウォール・ドラゴン》のコンボが復活。

他のサイバース族デッキとして【斬機】や【@イグニスター】との共演も気になりますね!

コメント