メリークリスマス?《サタンクロース》リスペクトでリリース除去について

スポンサーリンク
スポンサーリンク

皆様メリークリスマス!(これってイヴに言うのか25日に言うのか知らない人)

とりあえず年末年始に運行でアレコレやる事あるので隙をみながら記事作成していきます。

今回はクリスマス・イヴということで《サタンクロース》にちなんでリリースしての除去について書いていこうかと思います(*’ω’*)

クリスマスに生贄って不穏な記事になっちゃいました、後悔はしていない( ・`д・´)

スポンサーリンク

単体やサポートも見込める「壊獣」と大量巻き込みの「ラー球体」

モンスターによるリリース除去は殆どのモンスターに有効で硬い耐性持ちモンスターでも楽々処理が可能。

ただし相手の場にモンスターは残るのでジリ貧な時にトップしても根本解決にならないのが辛い所です。(自分のガメシエルに殴られて負けた事あります…)

汎用性が高いリリース除去としては「壊獣」達が挙げられます。テーマでもありサポートカードがあるのも特徴ですね。

基本的によく使われるのは攻撃力が一番低く2200の《海亀壊獣ガメシエル》ですね、デッキによって種族・属性を加味して他の壊獣をセレクトする事もよくあります。

そして壊獣サポートカード代表として《妨げられた壊獣の眠り》フィールドのモンスターを全破壊してお互いのフィールドにデッキから壊獣を特殊召喚する効果、基本自分の場に打点が高い壊獣を出しますね。

《ブラック・ホール》亜種をサポートとして使えるのでリリース・全体除去と二段構えが心強いですが、採用する壊獣の枠を増やさないといけないのがネック。

3枚リリースによる除去は強烈「ラー球体」

大量に除去したい場合に採用されるのが《ラーの翼神竜-球体形》3体巻き込みリリースする事が可能ですが、こちらは召喚権を使用する事とキッチリ3体リリースしないといけません、また「球体」は攻撃・効果対象にする事ができないのでこのモンスターのみの場合、相手に攻撃することができません。

次のターンのエンドフェイズにコントロールが戻ってきますが…大抵はリンク素材などにされてしまうかと、効果で相手が《ラーの翼神竜》を出してきたら笑顔で迎えましょう(*’ω’*)

展開系のブン回りデッキが流行るとサイドによく見かけるカードでもありますね。耐性無視除去としては破格の数値ですからねぇ。

また魔法からは《クロス・ソウル》や《帝王の烈旋》がありますが、こちらは魔法効果を受けないなどの耐性があるモンスターには効きません、しかしアドバンス召喚するデッキならば全然アリですねぇ。

ゴッドボックスからは「幻神獣族」専用での相手モンスターもリリース可能となる《交差する魂》も記憶に新しいですね。また魔法によるリリースは発動するのでチェーンブロックを作るのも対処されやすい点かと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
カード
遊戯王JOY

コメント