《高等儀式術》モード反転《高尚儀式術》【青眼】や【メガリス】に

《高等儀式術》の対となる効果の汎用儀式魔法《高尚儀式術》が「ドーン・オブ・マジェスティ」に収録されます。

デッキから儀式召喚できる汎用儀式魔法、制約こそ多いですが面白そうなカードですね。

スポンサーリンク

《高等儀式術》と同じく対応するリリースは「バニラ」

《高尚儀式術》

儀式魔法
儀式モンスターの降臨に必要。
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターと同じになるように、手札の通常モンスターをリリースし、デッキから儀式モンスター1体を儀式召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは相手エンドフェイズに持ち主のデッキに戻る。

リリースに対応するのは手札の通常モンスター、デッキからバニラをリリースの《高等儀式術》を真逆にした様な効果。ただ高等の方はリリースという形式をしない違いがあります。

こちらも高等と同じくレベルの合計が同じじゃないといけない点があるので注意。

そしてこのカードで儀式召喚したモンスターは相手エンドフェイズにデッキに戻ります。これは《高等儀式術》には無かったデメリットとなります。

採用第一候補はやはり【青眼】でデッキから「カオス・MAX」!

サーチが容易な《青眼の白龍》を活かしてカオス・MAXをデッキから儀式召喚がやはり話題ですねぇ。《高尚儀式術》は《深淵の青眼龍》でサーチが可能となっております。

今までの青眼での儀式はパーツを全て集めるのが中々手間ですからね。

カオス・MAXならば相手エンドにデッキに戻るとしても短期決戦システムなので一定の仕事はしてくれそうです。

デッキに戻るため2波を出すためにはもう1枚の《高尚儀式術》か素直に《ドラゴン・目覚めの旋律》でサーチして《カオス・フォーム》という通常の儀式方法を取るかですかね?やはり1枚目のカオス・MAXでゲームを決めにいくのが理想な気がします。

メガリスでデッキ儀式マシマシ

【メガリス】では下級儀式モンスターが儀式効果を内蔵しており、自身をリリースするので相手エンドに戻ってしまうデメリットが気になりません。

バニラを採用しないといけなくはなりますが、リターンは中々大きそうですね。

スポンサーリンク

同パック収録の【魔鍵】も意識

同パックに収録される【魔鍵】もバニラ・儀式というこのカードと相性の良いワードを扱うテーマ。

意識してない訳がないですね「魔鍵」儀式も下級が存在し、チューナーであったりするので素材として使用する事で展開の助けとなってくれそうです。

【聖刻リチュア】にも?

バニラを使い、リリースにてシナジーを得ていく【聖刻リチュア】で採用してみるのも面白そうです。このテーマには知識が無いので未知数ですが…

《聖騎士の追想 イゾルデ》でリリース素材確保

《聖騎士の追想 イゾルデ》の戦士族サーチを利用することでリリース素材を簡単にサーチする手段もあります。

バニラの戦士族は沢山存在するのでよりどりみどりですな!

コメント

  1. 匿名 より:

    エスプリットバードとかリヴァイアサン@イグニスターとか覇王オッドアイズでグラビティをオッドアイズアークペンデュラムで使うのもありかなと