対応している機械族に心強い《緊急ダイヤ》《エマージェンシー・サイバー》

機械族デッキにて条件が合えば採用されるカードに《緊急ダイヤ》や《エマージェンシー・サイバー》があります。

本来のカテゴリである【列車】や【サイバー流】のサポートという以外にも条件が合えば使える機械族デッキのサポートカードという側面もあります、今回はその側面について見ていきたいと思います。

どちらも再録により安価で手に入る様になって良きですね。

《緊急ダイヤ》

速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの数が自分フィールドのモンスターより多い場合に発動できる。
機械族・地属性の、レベル4以下のモンスター1体とレベル5以上のモンスター1体をデッキから効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分は機械族モンスターでしか攻撃宣言できない。
(2):フィールドにセットされたこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから機械族・レベル10モンスター1体を手札に加える。

地属性機械をサポートするカードであり下級と上級以上の2体をリクルートできる展開札。

条件付きかつ効果無効とはいえコスト不要で2体リクルートは単純にアドバンテージを獲得できますね。

こういったカードによくあるエンド時自壊や除外されてしまうデメリットもありません。

攻撃に制約が付きますが、このカードが速攻魔法なのを活かして回避可能な部分もあります、またこのカードを採用するとなるとデッキがかなり機械族に寄っていると思われるのであまり気にならない場合も。

セットされている状態で墓地へ送られた場合ににはレベル10の機械族をサーチする事ができ、除去されちゃった場合に対応するためサーチ先として汎用性がある《壊星壊獣ジズキエル》や《マシンナーズ・カーネル》を刺しておくと良さげです。

地属性・機械族はメカの宝庫【マシンナーズ】【無限起動】【古代の機械】などなど、また機械族に出張しやすい【スクラップ】からも「リサイクラー」が対応するのが有り難い所。

効果無効なのでリクルート先の主な用途は各種シンクロ・リンク素材にしたり墓地効果を狙ったりする事ですね。【古代の機械】ならばそのまま融合素材にする事ができますな。

他の展開方法をプラスする事でエクシーズ召喚も視野に、機械族が得意とする高ランクモンスター達は非常に強力です。

《エマージェンシー・サイバー》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから「サイバー・ドラゴン」モンスターまたは通常召喚できない機械族・光属性モンスター1体を手札に加える。
(2):相手によってこのカードの発動が無効になり、墓地へ送られた場合、手札を1枚捨てて発動できる。
墓地のこのカードを手札に加える。

「サイバー・ドラゴン」サーチのみならず機械族・光属性の特殊召喚モンスターもサーチと範囲的に可能性・将来性の高いカード。

発動を無効にされても手札コストを払えばサルベージする事ができます。ただ「発動を無効」にされないといけないので《灰流うらら》による発動まで無効にしないカードには非対応となっております。

サーチ先で有力なのは【ドライトロン】でテーマカードのほとんどのモンスターが対応範囲となっております。

【機皇】においては《機皇神マシニクル∞》をサーチする事ができます。

主な採用は表裏【サイバー流】【ドライトロン】に留まっていますがこれからまた対応テーマが増えたり混合デッキの開発が進むと夢が広がりそうですねぇ。

コメント