【新規考察】《守護天霊ロガエス》天使族サポート|展開・除去の条件が緩くお手軽

『ドーン・オブ・マジェスティ』に収録される新規天使族サポートカード《守護天霊ロガエス》結構強力な効果を持っているので種族サポートとして便利そうですな!

同時収録である【デスピア】とも相性が良いのも良し良し!

緩い条件の特殊召喚方法と除外効果が役立ちそう

《守護天霊ロガエス》
効果モンスター
星7/光属性/天使族/攻2400/守2100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの天使族モンスターの効果が発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):相手フィールドの表側表示のカード1枚と自分フィールドの攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手のカードを除外し、その自分のモンスターを守備表示にする。
(3):フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
このターン、そのモンスターは戦闘では破壊されない。

イラストがパッと見「エクレシア」が覚醒した姿かと思いましたが、額のマークや目の色が違ってるので別人かと、でも似てるなぁ。

自身の特殊召喚方法はフィールドにて天使族が効果を発動するだけでOK。何気に《オネスト》のセルフバウンスを発動するだけで特殊召喚できたりもしますねぇ。

(2)は除去効果、相手表側カードと自分フィールドのモンスターを対象として前者を除外、後者を守備表示に、自身を対象にして守備表示にしても良いので条件は非常に緩いかと。

(3)の効果はフィールドで破壊されると対象のモンスターに戦闘破壊耐性を付与。

相性の良いテーマ

特殊召喚条件的に天使族が多く採用されるデッキとなりますね。

【デスピア】

同時収録なので一緒に使えという事でしょうか。

枠的に余るかどうか微妙なラインですがこれからの構築に期待。

【ジェレイド】

「ロプトル」や《失楽の魔女》といった天使族を擁するデッキなので条件を満たす事は簡単。

単純に除去手段を手に入れれるのは貴重かと。

【ドライトロン】

《宣告者の神巫》や《崇光なる宣告者》による天使族パーミッション要素を入れた軸ならば簡単に運用できそうです。

【ドレミコード】

天使族ペンデュラムデッキ。展開手段の1つとして便利「ビューティア」と合わせればランク7エクシーズが可能に。

基本的に召喚条件が非常に緩い上に除外による除去とかなりお強そうな仕上がりをしているので天使族多めだったら雑に入りそうな感じがしますね…!

コメント