スポンサーリンク

徐々に頭角を現してきたカード《ガーデン・ローズ・メイデン》

2018年11月10日に発売された「デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4」(発売からもう1年半だとぉ!?)

各シリーズの女性デュエリストにフィーチャーしたパック。5D’s枠から「十六夜アキ」の【ローズ・ドラゴン】として収録された《ガーデン・ローズ・メイデン》

新ルールと「星杯の神子イヴ」の禁止が相まって注目度が上がっているカードです。高騰も始まっていますね。

今回は「汎用」として考えていくので《ブラック・ガーデン》については考えずいきたいと思います。

スポンサーリンク

《ブラック・ガーデン》サーチとドラゴン族Sを蘇生する効果

シンクロ・効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻1600/守2400
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。
②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

今回は汎用として考えるので①の《ブラック・ガーデン》利用は考えずいきます、ただ手札コストが必要なデッキ等においてはサーチorサルベージできるのでコストとして扱うのも良いかもしれませんね。

《ブラック・ガーデン》難しくて私には扱いきれません故に…(;・∀・)

このカードの汎用性は②のドラゴン族Sモンスターを蘇生できる効果。属性もレベルも問わないので幅広く蘇生できます、墓地へ送られたターンでも使用できるのがGOOD!攻撃表示でもOKなのが更にGOOD!

展開しながら蘇生効果を用意できる

以前は「星杯の神子イヴ」が居たのですが禁止になった為このカードにスポットが当たりだしたみたいですねぇ。

レベル5シンクロは召喚しやすく、シンクロからシンクロへ繋げる場合も多々あるのでそこで墓地へ送り込めば蘇生を用意する事ができます。

またドラゴン族ではありませんが《PSYフレームロード・Ω》を用意すれば②のコストとして除外した「メイデン」を戻して再利用する事もできますねぇ(*´ω`*)

蘇生したいドラゴン族・ローズ シンクロモンスター

《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》
素材にSモンスターが必要なので自然と中継する事も可能です。大人気シンクロモンスター。

《月華竜 ブラック・ローズ》
バウンス能力が頼もしい長らくレベル7シンクロの候補に挙がるカード。

《魔王龍ベエルゼ》
破壊耐性お化け、個人的にすごく助けられる事が多いお気に入り。

《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》
大量破壊効果とバーン効果を持つモンスター、このカードも上記のベエルゼも闇属性なので構築次第で《えん魔竜 レッド・デーモン》に手を伸ばすのも良さそうですねぇ。「えん魔竜」も蘇生範囲ですしねぇ。(書いてて【レッドデーモン】に採用しようと思いました)

どんなデッキに採用するか使用法など使い方で大きく変わるカード

使用するのはシンクロデッキになるので「ハリファイバー&リンクロス」のギミックも容易に仕込めますねぇ。

上級者ならそこに《ブラック・ガーデン》を交えて…(著者の頭パンク)

《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《コズミック・ブレイザー・ドラゴン》へ繋げるルートも見つかっている様ですね。

イヴ不在のシンクロデッキにおいて新しいスタンダードカードになり得る可能性を充分に秘めたカードだと思われます。

個人的にイチオシなのでシンクロ好きな方は投入を検討する価値あると思いますよ!

コメント