遊戯王OCG 【堕天使】新規カード収録判明

ライズ・オブ・ザ・デュエリストに【堕天使】の新規カードが収録されます。

楽園から失楽者続出中。宣告の神様も誠に遺憾。

スポンサーリンク

下級モンスターの登場

アドバンス召喚も視野に

《享楽の堕天使》
星4 闇属性 天使族 ATK/0 DEF/1600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに発動できる。天使族モンスター1体を表側表示でアドバンス召喚する。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力・守備力はターン終了時まで、フィールドの天使族モンスターの数×500ダウンする。

相手ターンにでも天使族をアドバンス召喚できる効果と墓地へ送られた場合にフィールドの天使族の数に応じて攻守ダウン。

最上級モンスターだらけの【堕天使】に下級モンスターと「アドバンス召喚」での展開を選択肢に入れるテコ入れカード。

最上級「堕天使」をアドバンス召喚する場合もう1体モンスターを並べる必要があるのでそこをどう補うかですね、枠を食いますが《創生の代行者ヴィーナス》や自己SSできる《堕天使マスティマ》や墓地へ送って蘇生する等の工夫は必要そうです。

《帝王の烈旋》と組合わすと中々エグそうですが、枠が厳しそうですねぇ。

展開サポート

《悦楽の堕天使》
星4 闇属性 天使族 ATK/1600 DEF/0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキから「悦楽の堕天使」以外の、レベルが異なる「堕天使」モンスター2体を選び、その内の1体を相手フィールドに守備表示で特殊召喚し、もう1体を自分の手札に加える。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は天使族以外のモンスターの効果を発動できない。

召喚・特殊召喚時に手札orデッキからサーチ&相手フィールドにSS、「堕天使」は守備も高めなので戦闘破壊で取り返すには工夫が必要そうですね…

《魅惑の堕天使》等で取り返す手段もありますねぇ、《堕天使イシュタム》をサーチするなどして上手く繋げていきたい所。

墓地の堕天使魔法・罠を再利用

《堕天使ネルガル》
星8 闇属性 天使族 ATK/2700 DEF/2500
自分は「堕天使ネルガル」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、その(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の天使族モンスターが守備表示モンスターを攻撃した場合、その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(2):1000LPを払い、自分の墓地の「堕天使」魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。その魔法・罠カードの効果を適用する。その後、墓地のそのカードをデッキに戻す。この効果は相手ターンでも発動できる。

貫通と9期「堕天使」の共通効果である、ライフをコストに墓地の「堕天使」魔法・罠の効果を適用しそのカードをデッキに戻す誘発即時効果。

《堕天使の戒壇》や《堕天使の追放》を再利用する事によって展開やサーチで戦力を補強できます。

まさかまさかの融合モンスター

《黎明の堕天使ルシフェル》
星12 闇属性 天使族・融合 ATK/4000 DEF/4000
天使族・闇属性モンスター×3
このカード名の(1)(3)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):「堕天使ルシフェル」を素材としてこのカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。相手フィールドのカードを全て破壊する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの天使族モンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のメインフェイズに1000LPを払って発動できる。自分の手札・墓地から天使族モンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

まさかまさかのルシフェルの融合体。融合召喚時に相手フィールド全破壊とは豪快な効果ですねぇ。

自分フィールドの天使族モンスターが相手の対象にならない耐性を付与、自身にも耐性が付く所がナイスでーす!

自分・相手メインフェイズにLP1000支払いで手札・墓地から天使族を守備でSS、《堕天使スペルビア》を釣り上げる事で更に展開が可能になります。

専用融合カード

《叛逆の堕天使》
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「堕天使」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分の手札・フィールドから、闇属性の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をEXデッキから特殊召喚する。その後、このカードを発動するために墓地へ送ったモンスターの攻撃力分だけ自分のLPを回復できる。

罠による融合、素材モンスターの攻撃力分ライフゲイン、大量の回復を見込めるので「堕天使」モンスターの効果を発動する為のライフコストを確保・回収できますね。

罠故の遅さがありますが、融合体ルシフェルが相手ターンに出しても問題無い効果なのでカバー可能かと、むしろ相手ターンにぶっぱのが強いかもしれません。

発動コストに「堕天使」モンスターを手札・フィールドから墓地へ送る必要もあり、このカード、コスト、融合素材とかなりの消費が必要なのが気になる所、手札をコストにした場合、堕天使には好都合となりえますが。

しかーし《堕天使イシュタム》で墓地へ送って「堕天使」共通効果によって墓地から効果を適用する事でスマートに使えそうです。

まとめ

下級モンスター2種類と「アドバンス召喚」の選択肢、融合を得た【堕天使】特に下級モンスターは構築を変えてしまうくらい影響力がありそうです。

新着情報
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいてます。よろしければフォローよろしくです!
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント