息抜き用にラッシュデュエルデッキ手軽に組める【竜魔】はいかが?

久しぶりにラッシュデュエルに触れていきます。

今回はスターターデッキ2種を軸にした【竜魔】というカテゴリのデッキ。スターターのカードをベースとするのでお手頃価格で組めるのが良いところ。しかも強いっていう。

ガチに増築する際は《青眼の白龍》というレジェンドカードが欲しくなりますが流石にそこまでは難しいですが他の増築パーツはブースター第1弾のカードが多く、揃えやすいです。

スポンサーリンク

《セブンスロード・マジシャン》《連撃竜ドラギアス》のエース感

デッキの主軸は『スターターデッキ』2種セット版にはボーナスカードとして《セブンスロード・ウィッチ》が付属します、このカードも必要になるので嬉しい所ですね。(パックからも出ます)

こちらは田舎でスターターを買い足したらまだプロモとして《セブンスロード・マジシャン》と《あまびえさん》が付いてきました《セブンスロード・マジシャン》は3積みしたいので嬉しい限り。

このスターターデッキ2つを合体させてデッキとします。

ラッシュデュエル屈指のパワーカード《ダーク・リベレイション》を使用するので「魔法使い族」に寄せて構築します。

《ダーク・リベレイション》
罠カード
【条件】相手モンスターの攻撃宣言時、自分の墓地のモンスター(魔法使い族)4体をデッキに戻して発動できる。
【効果】相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。

スターターオススメとしては《ミスティック・ディーラー》はルーターとして非常に便利なので採用シたい所、また表示形式を変更する《風使いトルネ》ですね。

ドラゴンの枚数次第では《フェニックス・ドラゴン》を採用し、サルベージするのも手です。

そしてエースモンスターである《セブンスロード・マジシャン》

《セブンスロード・マジシャン》
効果モンスター 星7/闇属性/魔法使い族/攻2100/守1500 【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。 【効果】このカードの攻撃力はターン終了時まで、[自分の墓地のモンスターの属性の種類]×300アップする。

ステータスこそ凡庸ですが自身でパンプアップできるのは魅力的。墓地が肥えていればマキシマムモンスターへの数少ない対抗策となります。

性質上《ダーク・リベレイション》を発動後は効果が低めになるのが泣き所。パンプアップである魔法カード《風精の加護》でカバーしていきたいですね。

もう1つのエース《連撃竜ドラギアス》

《連撃竜ドラギアス》
効果モンスター
星7/光属性/ドラゴン族/攻2500/守1500
【条件】デッキの一番上のカードを墓地へ送って発動できる。
【効果】このターン、このカードが戦闘でモンスターを破壊したバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

高い攻撃力と名前通りの連続攻撃が武器のドラゴン。コストのトップを墓地送りも「魔法使い族」と相性が良いですね。

裏守備で時間を稼ぐプレイングをする事もあるラッシュデュエルにおいてこの打点での連続攻撃は心強いです。

スポンサーリンク

増築したいカード・《守護の竜魔導士》が特にオススメ

各種魔法使いを足していくのが理想です。

《守護の竜魔導士》
効果モンスター
星2/光属性/魔法使い族/攻 500/守 500
【条件】手札のモンスター(魔法使い族またはドラゴン族)1体を墓地へ送って発動できる。
【効果】自分フィールドのモンスター1体を選ぶ。
このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。

中でもオススメなのが「魔法使い」「ドラゴン」両方に恩恵があり、耐性を付与できる《守護の竜魔導士》ミラーだと《ダーク・リベレイション》を警戒しあう事になりますからねぇ。

《セブンスロード・メイジ》も相手モンスターを墓地の魔法使い族×100ダウンと強力なデバフがあるのでオススメ。

そして安定したリソースとして使える《クリボット》

《クリボット》
効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
【条件】自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合、500LPを払って発動できる。
【効果】自分の墓地の「クリボット」1体を選んで手札に加える。

その他にちょっとお高いですが《10SIONMAX!!!》や汎用バック除去である《ハンマー・クラッシュ》なども。

色々ありますが最初はスターター合体で遊んでみると良さそうです。息抜きで遊ぶのにピッタリなゲームですし、大会が再開されれば出てみるのも楽しいかと思います。

コメント