スポンサーリンク

足らなくなったりするフリーでよく使う汎用罠カード達

環境では出番が少なくなってきた汎用罠達。

9期の頃では《神の通告》等が猛威を奮っていたのですが、今は手札からも使え後攻時でも輝く《夢幻泡影》にその席を譲っていますね。

しかしフリーやカジュアルデッキでは現在でも汎用罠達の力を借りるのも楽しいですよ!実際決まると強いですしねぇ(*´ω`*)

てかデッキの数分手札誘発も足りませんからね!

スポンサーリンク

汎用罠の定番

《神の宣告》

カウンター罠
①:LPを半分払って以下の効果を発動できる。
●魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。
●自分または相手がモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚する際に発動できる。それを無効にし、そのモンスターを破壊する。

罠界の第一選択。

とりあえず罠を積んでいこうと思うと挙がるカード。
長い間制限だったので意識して集めず、無制限となった今積みだすと案外足らなくなっちゃいました(^O^;)

使えば使う程コストが安くなるので3枚積むのがおいさんのジャスティスですよ。

《神の警告》

モンスターの召喚関連の魔法・罠・モンスター効果をシャットアウトする効果、召喚が絡まない効果には使用できず。LPコストは2000ポイント

《神の通告》

モンスター効果無効の《天罰》効果と特殊召喚を無効にできる通告、モンスター効果無効のおかげで相手が展開した後でも使用できるのが強みかと。LPコストも1500と一番低いです。

「神の」シリーズで埋めていけば形になりますがガンガン積むとライフ破産してしまうので要注意ですねぇ(;^ω^)

宣告を軸に必要なのをちょい挿しが丸いです。

《大捕り物》

永続罠
①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。そのモンスターは自分フィールドに存在する場合、攻撃できず、効果を発動できない。
そのモンスターがフィールドから離れた時にこのカードは破壊される。

収録当初は字レアでしたが結構なお値段したカード。私もレアコレで再録されるまで足らないでカツカツでした。

フリーチェーンでのコントロール奪取は相手のプランを崩壊させ、非常にやらしい効果ですね。

奪ったモンスターはリンク素材として簡単に処理できるのもコントロール奪取系のカードが飛躍した要因のひとつ。

小さい頃イラスト元ネタゲームの「がんばれゴエモン」好きでした(*´ω`*)

《戦線復帰》

守備表示で完全蘇生。

攻撃表示でリンクモンスターも蘇生できる《リビングデッドの呼び声》と使い分けたいカード。(リビデは破壊されると蘇生モンスターも破壊されますが)

守備で完全蘇生か条件付き攻撃表示かデッキに合わせて採用しましょう。

このカードも登場は10期でノーマルでしたがストラク等で再録されるまで足らなかったです(;・∀・)

《激流葬》

召喚に反応して全てのモンスターを破壊。

《海竜神の激昂》によってサーチする事も可能。「水属性」が主体のデッキでは「激昂」の身代わり効果によって相手モンスターのみ破壊する事ができます。

絶好のタイミングで発動すると凄く痛手を与えれるカード、逆に発動タイミングが難しいカードでもありますね。

フリーやカジュアルで手札誘発が足らない時はこういった汎用罠を使って構築してデュエルしてみるのも良いかもしれませんねぇ。

カード
スポンサーリンク
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント