その実力やはり本物?《三戦の才》手札誘発包囲網

スポンサーリンク

世間でやっぱり強いぞ、とじわじわ評価されだした《三戦の才》

現在遊戯王OCGにおいて妨害の要となっている「手札誘発」に対する《墓穴の指名者》や《抹殺の指名者》に次ぐアンチカード。

スポンサーリンク

相手の手札誘発を受けてからのカウンターパンチ

《三戦の才》

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このターンの自分メインフェイズに相手がモンスターの効果を発動している場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分はデッキから2枚ドローする。
●相手フィールドのモンスター1体を選び、エンドフェイズまでコントロールを得る。
●相手の手札を確認し、その中からカード1枚を選んでデッキに戻す。

「指名者」シリーズと違うのは相手のモンスター効果を無効にはしないで効果は受ける所。手札誘発以外にも遊戯王OCGにおいて強い一文「相手のターンでも発動できる。」に対して強く出れるカードですね。

しかしその後に放たれる禁止カード効果3種のモードを選べる強烈な効果。

強力なリターン《墓穴の指名者》とセットで選択式も

強いカードを合わせる力技《三戦の才》と《墓穴の指名者》両方取り。

フリースロットが多めの環境デッキならば「墓穴」+「抹殺」のダブル取りをする事ができていましたので「三戦」+「墓穴」といったプランも取る事ができそうです。

この場合「増G」を「墓穴」で止めて「三戦」といったエゲつないムーブが可能となりますねぇ(^o^;)

手札誘発包囲網が出来上がりそう

流行すると《三戦の才》があるかもしれない…という新しい駆け引きの誕生でもありますね。大会ではサイドデッキもあるので疑心暗鬼は更に強くなりそうです。

正直《墓穴の指名者》があるかもしれない…《三戦の才》があるかもしれない…といった状態になると「とりあえずうらら投げとく」といったプレイが命取りになりかねない場面もありそうです。

また《三戦の才》のコントロール奪取は元効果の《心変わり》から少し変わっており対象を取らなくなっているので猛威を振るう「ドラグーン」に対しても強く出れるのが追い風ですなぁ。

コメント