《妖醒龍ラルバウール》|《想い集いし竜》でリクルート候補筆頭

新規で盛り上がる【ジャンド】デッキ熱。

その中でも「セイヴァー」のパーツとして収録された《想い集いし竜》と相性バツグンのカード《妖醒龍ラルバウール》以前から可能性を秘めていると思っていましたが遂にコレ!といった使い方が見出されましたね。

スポンサーリンク

フィールドと同種族・属性のモンスターをサーチ

《妖醒龍ラルバウール》

効果モンスター
星1/闇属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在し、自分フィールドのモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
(2):このカードが特殊召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札を1枚選んで捨て、対象のモンスターと同じ種族・属性でカード名が異なるモンスター1体をデッキから手札に加える。

手札・墓地から自力での特殊召喚手段も持つレベル1ドラゴン。

「セイヴァー」を使用するデッキならば《想い集いし竜》によってリクルートして運用ができます。リクルート後は自力での蘇生も視野に入れれる事ができますね。

リクルート範囲は相手フィールドからも参照できるので場合によっては予想外のアドバンテージとなる事も。

《想い集いし竜》

チューナー・効果モンスター
星1/光属性/ドラゴン族/攻 0/守 0
自分は「想い集いし竜」を1ターンに1度しか特殊召喚できず、このカードをS素材とする場合、「セイヴァー」モンスターのS召喚にしか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「救世竜 セイヴァー・ドラゴン」として扱う。
(2):このカードをドローした時、このカードを相手に見せて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
自分フィールドにレベル8以上のドラゴン族Sモンスターが存在する場合、さらにデッキからドラゴン族・レベル1モンスター1体を特殊召喚できる。

各種サポートでトップに積み込みドローする事によって特殊召喚できるモンスターリクルートしたモンスターの効果は無効にしないので《妖醒龍ラルバウール》の出番な訳ですね。

ラルバウールのサーチ先としては自身で闇属性ドラゴン族と想い集いし竜で光属性ドラゴン族が確定、レベル8シンクロドラゴン族で様々な属性に対応。

光属性ドラゴンでは《スターダスト・トレイル》が対応。

闇属性戦士が居れば《ジャンク・シンクロン》《ドッペル・ウォリアー》がサーチ可能です。

「セイヴァー」軸でいぶし銀な仕事をしてくれるこのカードは定番となりそうですね。

コメント

  1. 匿名 より:

    スターダストシンクロンは光機械族だったような