遊戯王OCG『氷結界ストラク』最後のピース《氷結界の依巫》自己SSとトークン生成

ストラクチャーデッキ『凍獄の氷結界』に収録される新規カード未判明ラストとなるカード《氷結界の依巫》の効果が判明しました。

幼い頃のエリアルの様ですね。

自己SSとトークン生成と中々な性能を持つカードですねぇ(*’ω’*)

スポンサーリンク

展開の助けとなる効果&守備モンスターを表示形式固定化

《氷結界の依巫》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1000/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分フィールドに他の「氷結界」が存在する限り、相手フィールドの守備表示モンスターは表示形式を変更できない。
(3):自分フィールドに「氷結界」モンスターが存在する場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。
自分フィールドに「氷結界トークン」(水族・水・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

緩い自己SSが可能なレベル4なのでそれだけで重宝しそうです、墓地から除外するとトークン生成、トークンの名前にも「氷結界」の名前が付いております。

氷結界特有のロック効果は守備モンスターの形式固定。

レベル4水属性なので《バハムート・シャーク》の素材としてもピッタリですね。

《氷結界に至る晴嵐》ととても相性が良い

《氷結界に至る晴嵐》
通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「氷結界」モンスターを任意の数だけリリースして発動できる。
リリースした数だけ、デッキからレベル4以下の「氷結界」モンスターを特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
(2):墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、「氷結界」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

生成したトークンや本体は《氷結界に至る晴嵐》のコストにあてる事ができ下級「氷結界」に変換する事が可能。(2)の効果で除外した《氷結界の依巫》を回収する事もでき非常に相性が良いです。

組む組まないにしても「新トリシューラ」と持っていない「ドゥローレン」が欲しいので1箱は買おうかなって感じです(*’ω’*)

コメント