【SELECTION 10】先駆けは『シャドール』『ギャラクシー』『ラヴァル』

スポンサーリンク

本日遂に「SELECTION 10」に収録されるテーマの1部が公表されました。

その先駆けとなったテーマは【シャドール】【ギャラクシー】【ラヴァル】!

【シャドール】に関しては環境に居るので新規大丈夫か!?ってのがまず出てきた感想です(^o^;)

スポンサーリンク

新規収録されるカード達

《星なる影(ネフシャドール) ゲニウス》

リバースによる耐性付与は「ミドラーシュ」を筆頭に耐性の無い「シャドール」融合体を守るのに良さそうですねぇ。ただリバースタイミングってのが中々難しいかもです。

効果で墓地へ送られると対象のモンスターにフィールド発動効果封じ。相手ターン融合で妨害力マシマシですな(*’ω’*)

あと「シェキナーガ」の素材になってくれますね。

《影依の炎核(ヘルシャドール) ヴォイド》

レベル9の最上級な「シャドール」モンスター。《影依の原核》と合わせるとランク9が捗りそうであります。

リバース効果はEXデッキから墓地送りし、モンスターを除外。非常に強力ですねぇ《天底の使徒》でやっている動きをテーマ内で与えられました。

効果で墓地へ送られるとフィールドの元々の属性の数だけデッキトップを墓地送り。不安定ですがリバース効果が強いので仕方なしですかね。

《銀河眼の極光波竜》

「サイファー・ドラゴン」に重ねて出せるランク10エクシーズモンスター。

光属性に対象耐性付与、自分スタンバイに墓地のランク9以下のドラゴン族エクシーズモンスターをEXデッキに戻して、そのモンスターをこのカードに重ねてX召喚。

効果指定的にもサイファーに留まらず汎用ドラゴンエクシーズとしても便利そうですな。対象耐性付与も高ランクの攻撃力を通すのに重宝するかもです。

《ラヴァル・アーチャー》《ラヴァルバル・サラマンダー》

「アーチャー」は「ラヴァル」を追加召喚と素直な性能。フィールドのモンスターを破壊して自己蘇生効果も持っております。

「サラマンダー」はレベル7シンクロ。S召喚時に2ドローして炎属性を2枚捨てる、そうしないと手札を全てデッキに戻す。炎属性墓地肥やし力がスゴいですね(*’ω’*)

墓地から炎属性を除外すると「ラヴァル」の数まで選んで裏守備にする妨害能力も持ち合わせています。

どちらも《真炎の爆発》に対応しているので【ラヴァル】の爆発力はかなりのものになりそうです。

再録もしっかりしてそうな気配ですね

《銀河眼の光波竜》
《銀河眼の光波刃竜》
《ラヴァル炎火山の侍女》
《ラヴァルバル・ドラゴン》
《炎熱伝導場》

「サイファー」エクシーズモンスターやDTで集めにくい「ラヴァル」からキーカードの「侍女」など再録もしっかりしてそうですね(*’ω’*)

created by Rinker
コナミデジタルエンタテインメント(Konami Digital Entertainment)
¥2,475(2020/10/23 10:01:37時点 Amazon調べ-詳細)

コメント

  1. 匿名 より:

    重ねる対象わざわざサイファードラゴンにしてるんだからギャラクシーじゃなくてサイファー新規でしょ。
    誤解を招きかねない。