個人的に何か足らない【戦華】と【鉄獣戦線】を融合・すんごいシナジー

私の所有している《炎舞-天キ》をかっさらって行っているデッキが2つ【戦華】と【トライブリゲード】

新規が来たので別々に純構築をしているのですが個人的に何か物足りない…具体的に何が足らないかと言うとこれまたハッキリ言えない、おそらく個人的なデッキに対する要求・満足度かと思われます。

以前からこれらのデッキを合体させる例は散見しますが、なるほど私にもその時が来たようですね( ・`д・´)

スポンサーリンク

「呂奉」寝返り覚悟で維持してターンを渡す

先陣を切ってもらうのは「戦華」新規カード「呂布奉先」こと「呂奉」私が元ネタの三国志で大好きな武将です。アンシナジーが発生しても1枚は絶対入れます(ΦωΦ)

「戦華」が存在するだけで特殊召喚でき、お互いのメインフェイズに1番攻撃力の高い相手フィールドのモンスターを破壊できる脅威の討ち取りマシーン。

メインフェイズ内ならフリーチェーンなので耐性持ちなどの大型モンスターが出る前の素材段階で挫く事ができますね。

デメリットとして1番攻撃力が高いモンスターをコントロールしているプレイヤーの元へエンドフェイズに寝返ります。発動する効果なのでチェーンで無効にする事も一応できます。

それと破壊効果を使うターンは「戦華」以外のモンスター効果を発動できません。

しかしこのデメリットを踏まえても相手ターンにモンスターを1枚破壊はとても有意義な効果かと思われます【十二獣】で「ドランシア」が強いのと似た感じがありますね。

合体して使う【トライブリゲード】としても相手ターンにガシガシ効果を使わないのであまりケンカはしません「呂奉」もピン刺しくらいですしね。

その他の「鉄獣戦華」

【トライブリゲード】からはそれぞれテーマモンスターを採用していきます。《鉄獣の凶襲》で他の対応種族をリクルート!テーマではなく種族参照なので獣戦士族の【戦華】と全然チグハグにならないのがデカい!

【戦華】からはモンスターサーチャーである「孫謀」が重要カードとなります「諸葛孔」をサーチすればそのまま特殊召喚ができ「諸葛孔」の自己特殊召喚は発動する効果なので「孫謀」のバウンス効果発動のトリガーにもなります「呂奉」をサーチすれば同じく特殊召喚できます。

その他にも「張徳」「張遠」が戦闘面をガッチリサポートしてくれます。どちらも「三国志」において非常に強力な猛将ですな(*’ω’*)

また「孫謀」のサーチ効果コストとして手札・フィールドのカードを墓地へ送るので手札からモンスターを捨てて墓地を肥やしたり【トライブリゲード】では「ナーベル」を捨てるとサーチが発動したりとすんごいシナジーありますよ(*’ω’*)

その他のカード・手札誘発搭載は枠がカツカツ

合体テーマで枠も削りきれないので手札誘発を積むのがかなり困難です。なんとかやりくりする《灰流うらら》は積めそうです。

他にシナジー重視で《D.D.クロウ》が鳥獣族なので墓地リソースとして使えるので人気ですねぇ。

そして対応種族での強力なモンスターとして《獣王アルファ》が挙げられます、緩い特殊召喚に対象を取らないバウンス…自身を戻せば再利用可能とイチオシカードです( ・`д・´)

EXデッキに《王神鳥シムルグ》を採用すれば《霞の谷の巨神鳥》や《烈風の結界像》がイイ仕事してくれます。

EXデッキは自然と埋まります

EXデッキは各種【トライブリゲード】と《戦華盟将-双龍》を複数積んでいくのでかなり枠が埋まります、残りは対応種族筆頭《王神鳥シムルグ》

そして定番の《アクセスコード・トーカー》や制圧が欲しい時に「アポロウーサ」などなど。

メインからは「孫謀」《獣王アルファ》のバウンス「張遠」「呂奉」の破壊に加えEXから「シュライグ」による対象を取らない除外と盤面に触る力がとんでもない事になっております(;^ω^)

後は自分の構築で足らない部分を足す事や苦手なカード対処を意識すると良いです。

コメント