新規テーマ【相剣】1枚からシンクロが成立する幻竜族テーマ

『バースト・オブ・デスティニー』で登場する新規カテゴリ【相剣】背景ストーリーとも関係のあるテーマとなっています。

《妖眼の相剣師》はフルルドリスからここで鍛錬を積んだのですかね?

スポンサーリンク

チューナートークンを生成・S素材になると様々な効果

《相剣師-莫邪》

効果モンスター
星4/水属性/幻竜族/攻1700/守1800
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を相手に見せて発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。

手札の公開によってトークンを生成します、レベル4チューナーなのでこのカード1枚でレベル8シンクロを組む事が可能。

トークンが存在する限りEXからはシンクロ縛りが発生しますが、トークンが無くなれば解除されます、レベル的に《ヴァレルロード・S・ドラゴン》の用意をしたい場合にはリンク召喚もしておきたいですね。

シンクロ素材となると1ドロー、純粋に強いとしか言い様がありません(汗)

《相剣師-泰阿》

効果モンスター
星4/風属性/幻竜族/攻1800/守1500
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外して発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「相剣」カードまたは幻竜族モンスター1体を墓地へ送る。

このカードもトークンを生成できます、コストは墓地から除外となります。

除外でシナジーを形成するテーマなので除外は寧ろメリットとも受け取れますね。

シンクロ素材になるとデッキから墓地送り。

《相剣軍師-龍淵》

効果モンスター
星6/炎属性/幻竜族/攻1200/守2300
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード以外の手札の「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
相手に1200ダメージを与える。

上級モンスター、手札を捨てる事により特殊召喚ができてトークンも付いてきます、これによってレベル10のシンクロ召喚が可能。

レベル10と言えば「バロネス」など最近とてもアツいレベル帯ですねぇ。

シンクロ素材となると1200と高めのバーンダメージ。

《相剣瑞獣-純鈞》

効果モンスター
星6/地属性/幻竜族/攻2400/守1800
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分の幻竜族モンスターが、EXデッキから特殊召喚された相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算前に発動できる。
その相手モンスターとこのカードを破壊する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合、
自分または相手の、フィールド・墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを除外する。

こちらも上級、フィールドのモンスターをリリースして特殊召喚、トークンをリリースすればシンクロ縛りが解けリンク召喚を狙っていく事もできます。

幻竜族がEXデッキから出てきたモンスターと戦闘するとダメージ計算前に破壊。

シンクロ素材となると自分・相手のフィールド・墓地からカードを除外、素材になるだけで除外はエグそうですね、自分のカードを除外してもアドバンテージに繋がるのでかなり柔軟に動けるカードと言えます、その分トークンは自前で調達できません。

テーマで用意された8と10のシンクロモンスター

《相剣大師-赤霄》

シンクロ・効果モンスター
星8/光属性/幻竜族/攻2800/守1000
チューナー+チューナー以外の幻竜族モンスター1体以上
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「相剣」カード1枚を手札に加えるか除外する。
(2):自分の手札・墓地から「相剣」カード1枚または幻竜族モンスター1体を除外し、このカード以外のフィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキから相剣をサーチするか除外するか選べる効果、魔法・罠は除外された場合に効果があるので場面によってはそっちを選ぶも良しですね。

フリーチェーンでのモンスター効果を無効《妖眼の相剣師》と併せて使えと書いてある…?コストの除外も魔法・罠を除外すれば効果トリガーに。

《相剣大公-承影》

シンクロ・効果モンスター
星10/水属性/幻竜族/攻3000/守3000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):除外されているカードの数×100だけ、このカードの攻撃力・守備力はアップし、
相手フィールドのモンスターの攻撃力・守備力はダウンする。
(2):このカードが効果で破壊される場合、代わりに自分の墓地のカード1枚を除外できる。
(3):カードが除外された場合に発動できる。
相手のフィールド及び墓地のカードをそれぞれ1枚ずつ選んで除外する。

レベル10にまたまた汎用シンクロが登場。

除外されているカードの数に応じたパンプアップ&デバフ、自分は上がって相手は下がるので数値差は結構出そうですねぇ。

効果破壊される場合に墓地からなんでも良いので除外して身代わり、何でも良いしそれによって(1)の効果が強くなる…恐ろしい。

そして自身が除外されるとお互いのフィールド・墓地から対象を取らない除外、相剣は除外を得意とするので切り札になってくれそうです。

また蘇生して使う事もできるので相手が《墓穴の指名者》撃ってきたら除外が発動します(震え)

基本を押さえた魔法・罠カード|除外される事でレベル変動やトークンを生成

《龍相剣現》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):デッキから「相剣」モンスター1体を手札に加える。
自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
代わりに幻竜族モンスター1体を手札に加える事もできる。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの、
「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

基本的なサーチカード、シンクロモンスターが居れば幻竜族なんでもに変化。

除外されるとレベル変動、様々なレベルのシンクロを扱いたい際に役立つ効果ですね。

《大霊峰相剣門》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「相剣」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
自分フィールドにSモンスターが存在する場合、
代わりに幻竜族モンスター1体を対象とする事もできる。
(2):このカードが除外された場合、自分フィールドの、
「相剣」モンスターまたは幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルをターン終了時まで1つ上げる、または下げる。

こちらも基本的な蘇生カード。レベルや種類に縛りがないので相剣シンクロモンスターを蘇生する事も可能、こちらもシンクロモンスターが存在すると幻竜族に範囲が広がります。

除外されるとこれもレベル変動。

《瑞相剣究》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
自分の墓地から「相剣」カードまたは幻竜族モンスターを5枚まで除外し、対象のモンスターの攻撃力は除外した数×300アップする。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

墓地から除外する事でパンプアップする罠カード、何気に永続でアップします。

除外されるとトークンを生成、除外効果がチューナー展開とえらく豪華なので主にこちらの効果を見込んで使いそうですね。

《相剣暗転》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの幻竜族モンスター1体と相手フィールドのカード2枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):このカードが除外された場合に発動できる。
自分フィールドに「相剣トークン」(幻竜族・チューナー・水・星4・攻/守0)1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したトークンが存在する限り、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

幻竜族《ゴッドバードアタック》的な物。

しかしリリースコストではなくて自分フィールドの幻竜族と相手カードを対象に取って発動となります。

自軍も効果破壊なので《相剣大公-承影》の身代わりを使うと墓地除外しながら相手のみ破壊が可能となります。

除外されるとトークンを生成するので《トラップトリック》から使うと対象とする幻竜族トークンも調達でき、発動条件を満たせます。

各種「竜星」のトリガーにもなる幻竜族の種族サポートレベルなカード。

テーマ
スポンサーリンク
よろしければフォローよろしくです!
遊戯王JOY

コメント