《スプライト・エルフ》何気に汎用性が高いリンク2モンスター

スポンサーリンク
スプライト・エルフ

現在環境にて大活躍中の【スプライト】【現冥ティアラメンツ】の両方のデッキで使用されているリンクモンスター《スプライト・エルフ》環境に目が行きがちですが条件が合えば色んなデッキに採用できる汎用性を持っています。

スポンサーリンク

お互いのターンに蘇生は便利

スプライト・エルフ

《スプライト・エルフ》

リンク・効果モンスター
リンク2/炎属性/雷族/攻1400
【リンクマーカー:左下/右下】
レベル2・ランク2・リンク2のモンスターを含むモンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
このカードはリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない。
(1):このカードのリンク先のモンスターは相手の効果の対象にならない。
(2):自分・相手のメインフェイズに、自分の墓地のレベル2モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
相手フィールドにモンスターが存在する場合、代わりにランク2またはリンク2のモンスター1体を対象とする事もできる。

レベル・ランク・リンクからそれぞれ「2」の数字のモンスターを素材として要求されます。

必然的に1番素材化しやすいレベル2のモンスターを素材化する事が多いですね、レベル2のモンスター要素があるならば入りうるスペックをしています、流石スプライト。

展開効果を持つリンクモンスターには定番となった「リンク召喚したターン素材にできない」制約が付いています。

(1)の効果はリンク先モンスターに相手からの対象耐性、対象を取る効果無効や破壊から守ってくれる、何気にこれが結構大きいです。

本命となるのが(2)の効果、お互いのメインフェイズにレベル2モンスターを蘇生、素材的に蘇生先は大体の場合あるかと。

効果を無効にして蘇生などのデメリットが一切無いのが魅力ですね。

またお互いのターンに使えるので相手ターンにも蘇生を行え、自分ターンも含め2体蘇生する事も可能。

相手フィールドにモンスターが居ると蘇生範囲に「ランク2」「リンク2」を追加できます。

相手ターンでも使えるので相手は展開するのに凄い圧を受ける事になりますな。

《I:Pマスカレーナ》相性が良いリンク2

I:Pマスカレーナ

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻 800
【リンクマーカー:左下/右下】
リンクモンスター以外のモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手メインフェイズに発動できる。
このカードを含む自分フィールドのモンスターをリンク素材としてリンク召喚する。
(2):このカードをリンク素材としたリンクモンスターは相手の効果では破壊されない。

汎用的に見ると相性が良いのが《I:Pマスカレーナ》素材の1体は「エルフ」の蘇生でまかなえ、もう1体確保できればリンク召喚できます、更に余力があるなら自分ターンに「マスカレーナ」を素材として使って墓地へ送り、相手ターンに「マスカレーナ」を蘇生してそこからリンク4を目指す事もできます。

ドラゴン隊長
ドラゴン隊長

レベル2を結構安定して使うデッキなら余裕の採用圏内ですね。【ティアラメンツ】でも使われているわけですしねぇ。

コメント