スポンサーリンク

汎用性の高さから需要が上がる《トロイメア・ユニコーン》

「フレイムズ・オブ・デストラクション」で登場した汎用リンクモンスター郡「トロイメア」

効果コストとして手札を1枚捨てますが相互リンクの場合1ドローが付きルーティングしながら効果を使っていける10期のリンク環境を塗り替えたモンスター達。

「ゴブリン」と「マーメイド」と2枚の禁止カードが出たカテゴリでもありますね。

「フェニックス」「ケルベロス」は登場して長らく愛用しているプレイヤーも多いのではないでしょうか?

今回は注目が上がった「ユニコーン」についてご紹介。

スポンサーリンク

枠に困ったら入れる汎用枠

《トロイメア・ユニコーン》

リンク・効果モンスター
リンク3/闇属性/悪魔族/攻2200
【リンクマーカー:左/右/下】
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
②:自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。

「フェニックス」等に比べるとリンク3と少々重いですが、素材は2体でもOKなのが有り難いですねぇ。

効果の方は①はフィールドのカードを対象にデッキバウンス。
リンク3だけあってトロイメアの除去の中では強力な効果になっております。

②はドローの枚数が相互リンク状態の「トロイメア」の種類の数になる効果、ユニコーンをEXMZに置いた場合フェニックス、ケルベロスを下に召喚する事で相互リンクが可能です。

フェニックス、ケルベロスとシナジーがありデッキバウンスできる汎用枠として「トロイメア」EXセットとして使われている様です。

緩い素材で魔法・罠破壊、モンスター破壊、カードをデッキバウンス。
リンク召喚は11期新ルールにおいてもやはり扱いやすく、除去という重要なポジションを賄える「トロイメア」達は依然現役ですねぇ。

相互リンク数ドローは少々悠長なので狙いにくいですが、その分相手にとっては絶対相互リンクを解除させないといけない、ともとれます。

枠こそ沢山食いますが《スケープ・ゴート》を使用して展開するのも10期では良くあった光景ですね。

さいごに

除去をしながら展開し、手札交換まで行うってよく考えなくても破格なモンスター達ですね(^O^;)

優れたモンスター達なのである程度展開力があるデッキのEXが決まらない時は投入してみると良さそうです。

コメント