スポンサーリンク

ルール移行後に復活させたいデッキ【テラナイト】

9期からOCGを始めた私が最初にまともに形にしたデッキ…それが【テラナイト】

メインのテーマパーツに高レアカードが不要でお手頃デッキでした。エクストラをしっかり組む場合だと高くなっちゃうので当時はチマチマランク4を買い足してました…

しかし新マスタールールが施行されかなり無理が生じる事になり解体するに至りましたがルール移行により復活させようと思い立ちました。

11期で通用するか怪しいですが思い入れのあるデッキなので形にして持っていようと思います。

エクストラ1 星輝士 デルタテロス

やはりカッコイイ(*´ω`*)

デルタテロスはモンスターの着地を安全にする効果、自身召喚時にも適用されますが神の宣告など召喚無効には引っかかってしまいます、最近は召喚反応罠などの採用は少ない傾向ですが(^O^;)

フィールドから墓地へ送られた場合の手札・デッキからSS効果はリリースをコストとする《神星なる因子》と相性が良いです。

エクストラ2 星輝士 トライヴェール

X召喚時に自身以外を全てバウンス、対象を取らないバウンスは大体なんとかしてくれるので頼もしいカードです。

ハンデス効果も全体バウンスと噛み合ってますねぇ、自分側は《リビングデッドの呼び声》や《デモンズ・チェーン》を戻して使い回します。

墓地へ送られた場合の効果は蘇生、展開要員のテラナイトやデルタテロスを蘇生してぐ~るぐる。

エクストラ3 星輝士 セイクリッド・ダイヤ

エクシーズ・効果モンスター ランク5/光属性/幻竜族/攻2700/守2000

光属性レベル5モンスター×3体以上

このカードは自分メインフェイズ2に、「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」以外の 自分フィールドの「テラナイト」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。

①:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、 お互いにデッキからカードを墓地へ送る事はできず、墓地から手札に戻るカードは手札に戻らず除外される。 ②:相手の闇属性モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。 その発動を無効にし破壊する。

墓地関連のメタ効果と闇属性モンスターの効果を止めるちょっと限定的なカード。次項のヴァトライムスと合わせる事で本領を発揮。

エクストラ4 煉獄の騎士 ヴァトライムス

全てのモンスターを闇属性にするのでセイクリッド・ダイヤと好相性。

また手札をコストにする事でテラナイトXモンスターを重ねる事ができます、2体素材で止まってしまった場合でもデルタテロスやトライヴェールに繋ぐ事が可能。

テラナイトが墓地に7種類は…達成した事がありません(;^ω^)

メインデッキの改修

テラナイトは10期に新規を貰えなかったのでメインのプランは9期のままになりますねぇ…

効果処理の変更により、《リビングデッドの呼び声》を使用する場合は少し注意が必要になりました。抜く事も考えましたがやはり《星輝士 トライヴェール》との相性がバツグンなので採用したい所。

ヴァトライムスで闇属性を供給できるので開闢の使者などカオス軸も考えてみたり、元々罠が多めで《神の宣告》が緩和されたので罠ビートは相性が良さそうですねぇ。

罠ビートだと《大捕り物》や《王宮の勅命》など優秀な永続罠がプールに増えているので検討する価値がありそうです。

それと手札が枯れやすいので頃合いを見て《強欲で貪欲な壺》などで手札を補充したい所ですね。《強欲で金満な壺》はリスキーですが自信のある方は1枚くらい挿すのもアリ?

結局考え出しちゃうと展開力があるエクシーズ中心デッキは【RR】や【オノマト】辺りが優秀なので差別化する為には罠ビートに落ち着くのかなぁ、ってのが総括ですかねぇ。

テーマ
スポンサーリンク
ボチボチつぶやいてます。よろしければフォローよろしくです!
スポンサーリンク
遊戯王JOY

コメント